内海突破・並木一路

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内海突破・並木一路

右・一路 左・突破

 内海うつみ 突破とっぱ

 ・本 名 木村 貞行 
 ・生没年 1915年2月24日~1968年6月8日
 ・出身地 愛媛県 宇和島市

 並木なみき 一路いちろ

 ・本 名 松村 興優
 ・生没年 1912年5月13日~1996年以後?
 ・出身地 東京 文京区

 来 歴

 突破は建築業を営む家に生まれ、幼い頃から各地を転々とする。兄は脚本家の御荘金吾、弟は笹山タンバがいる。三人とも出身地が違うのは親の仕事の都合上であるそうだ。当時としては珍しく、浪華商業学校、関西大学専門部に進学。同校を卒業し、大阪市港湾局に就職した。

 しかし、芸人の夢断ちがたく、一九三六年、同級生の西条凡児に弟子入りし、西条凡々と名乗る。同年、師匠とのコンビで舞台に立つが、間もなく師匠の下を去り、上京。このドロンは計画的犯行だったようで、その前後の事は、戸田学『凡児無法録―「こんな話がおまんねや」漫談家・西条凡児とその時代』に詳しく掲載されている。

 一路は役者を親に持ち、幼い頃から子役として舞台に立った。1936年、栗島狭衣を師事し、栗島一座に入った後、古川隆一の名で、梅沢昇一座、不二洋子一座など剣戟一座を転々とした。1938年、漫才に転向。

 突破は凡児や鳩ポッポと、一路は大山キリン・ビール(一路がキリン)としてコンビを組んでいたが、1940年にコンビ結成し、翌年秦豊吉に見出され、東宝の専属となる。突破の洒落とナンセンスに溢れるボケに、一路のスマートなツッコミで人気を博し、「僕の俳句」、「山手線巡り」などを十八番にした。戦前戦後に於ける東京漫才のスターとして君臨した。

 1944年、一路の出征(麻布の第六連隊への入隊)でコンビ活動を一時休止。突破は司会や漫談で活動していた。

 1949年3月、コンビを解消して、突破はコメディアンに転向。一路は宮田洋容とコンビを組み直した。一時は相方と死に別れた青空トップとのコンビも考えていたというが、結局組むことはなかった。

 一路・洋々のコンビは割かし人気があり、スマートな芸風の持ち主として、漫才大会などにも出演した。しかし、1954年に両者の行き詰まりと発展を理由に円満解散。洋容は日森麗子とコンビを組みなおし、一路はコメディアンの道へと進んだ。1950年代、多くのコメディ映画に出演している様子が、広告などから伺える。

 一方の突破はNHKと専属を結び、同局の人気番組「陽気な喫茶店」を中心に放送、映画、舞台に進出、「ギョッ」というギャグで一世風靡をした。こちらも国民的な人気を博し、マルチタレント的な八面六臂の活躍を見せた。当時の新聞広告をはじめ、漫才師にしては資料が多くある。後々追記していく。

 両者の人気が落ち着いた1965年に、一路突破のコンビを復活させるものの、再起には至らなかった。1968年、突破は胃癌のため、53歳の若さで死去。放送や舞台の傍ら、漫談や司会もやった。1996年発行の「日本映画人名事典」を読むと、一路が健在のように記されているが、詳細は不明。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加