「 飛翔 ~昭和ひと桁から日中戦争前後~ 」一覧

昭和ひと桁から、日中戦争前後までに巻き起こった東京漫才空前のブームの担い手たちです。

叶家洋月・春木艶子

叶家洋月・春木艶子

叶家洋月・春木艶子は戦前戦後活躍した漫才師。音曲漫才で人気を集めた。春木艶子は新山悦朗と再婚したためコンビ解消となった。洋月の息子は長らく曲芸の第一人者として活躍を続けていた叶家勝二である。

松平操・春風枝左松

松平操・春風枝左松

松平操・春風枝左松は、戦前戦後活躍した夫婦漫才。松平操は、漫才の中にハーモニカを取り入れた先駆者の一人であり、大空ヒット、都上英二らと鎬を削った。枝左松は女道楽の出身で、何でもござれの芸達者な人であったという。

横山圓童・つばめ

横山圓童・つばめ

横山圓童・つばめは戦前戦後活躍した漫才師。圓童は、橘ノ圓の門弟から横山エンタツの門下に移って漫才師になった変わり種、つばめは女義太夫から漫才師になった。戦前は吉本、戦後は東京の舞台で活躍をした。

荒川小芳・林家染寿

荒川小芳・林家染寿

荒川小芳・林家染寿とは昭和から平成にかけて、活躍した名コンビ「内海桂子・好江」の内海好江の両親である。東京漫才の古株ではあったものの、娘のような活躍をすることはなく、波瀾万丈な人生を送った。

香島ラッキー・御園セブン

香島ラッキー・御園セブン

香島ラッキー・御園セブンは東京漫才にとどまらず、戦前を代表する名コンビの一組。映画やラジオ出演の先駆けを作った漫才師の一組でもある。吉本と新興演芸部の対立を作った芸能史を語るうえでも欠かせないキーパーソンでもある。

東ヤジロー・キタハチ

東ヤジロー・キタハチ

東ヤジロー・キタハチは戦前戦後に活躍した漫才師。しゃべくり漫才で人気を博し、リーガル千太・万吉、内海突破・並木一路などと共に東京漫才のしゃべくり漫才やミュージカル漫才などに貢献をしたが、戦争のためにコンビ仲が引き裂かれ、共に悲惨な最期を迎えた。

浪花マンマル・浪花シカク

浪花マンマル・浪花シカク

浪花マンマル・浪花シカクは戦前に活躍した漫才師。共に大阪喜劇の出身で、インテリ然としたネタと品格のあるしゃべくり漫才で人気を集めた。戦後、マンマルは若手漫才師の国友昭二とコンビを結成した。