2021-07

東京漫才を彩った人々

大空みのる・都上ゆたか

大空みのる・都上ゆたかは戦後に活躍した漫才師。ギター漫才を得意としたという。ゆたかは都上英二・東喜美江の門下生。大空みのるは大和家かほる・宮川貞夫の長男。大和わかばは実の妹で相方。後年は「七尾みのる」と改名し、司会漫談に転じた。今も漫才協会の漫談と司会で活躍しているナナオの父親でもある。
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました