萬歳類従

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここは漫才の資料や情報をまとめた「参考文献」の頁です。

 他の頁で扱っている参考文献の詳細や内容など、役に立ちそうなことを書き綴っていきます。どうしても更新は遅くなりがちですが、折を見て随時追加していく予定です。何卒よろしく。


・漫才研究のバイブル

「大衆芸能資料集成 7巻」
小島貞二 編纂 三一書房 1980年

 これを読まずして東京漫才、いや、漫才の歴史は語ることは出来ません。最適の入門書であり、かつ研究書としても大変優れています。
漫才の歴史を簡潔かつ奥深くまとめた解説のページに、実際に演じられていた漫才のネタや台本のページ、そして当時生き残っていた漫才師たちとの対談、と、
構成に隙がありません。
 時折、編纂者・小島貞二の独断や批判が顔を出すのが大きな欠点ですが、それを差し引いても名著の地位は揺るがないでしょう。
 管理人も随分とお世話になっております。


「漫才入門百科」
相羽秋夫 著 弘文出版 2001年

  相羽先生は大阪の人ですが、東京漫才の造詣も深く、この本の中でもその知識が生かされています。東西の漫才の違いを取り上げ、分析しながらも、両者分け隔てなく接しているのが何といっても特徴でしょう。
 東西漫才師一覧や系図なども掲載されており、また、東西の漫才の中に取り入れられた珍芸や漫才と深いかかわりのあった「江州音頭」や「女道楽」なども解説しているので、初めて出てくる言葉も大体知る事ができるでしょう。入門とはいいながら、研究書としても立派に通用する一冊だと思います。
 管理人・喜利彦を、漫才研究に引きずり込んだのはこの本がキッカケである、ということを正直に告白しておきます。


「漫才世相史」
小島貞二 著 毎日出版 1965年(改訂版は1978年)

 「大衆芸能資料集成」に比べ、分かりやすい文章と内容が特徴で、手頃なサイズと値段で未だに入手できる一冊です。入門書としてはこちらの方がいいかもしれません。
 もっとも、入門書とはいいながらも結構深いところまで考察や資料が展開されており、小島貞二独特の「にわか」「軽口」「茶番」「漫才」論や東京と関西漫才の区分やその比較などは、大変タメになります。
 残念なのは、少し小島貞二の主観が強く、不当な扱いをされている人や書かなくてもいいエピソードなども取り上げられていて、学術的に価値を損ねている点でしょうか。これは氏の作品全般に言える欠点なのですが……。
 しかし、肩を凝らせずに読みたい、まずは一冊何か読んでみたい、漫才を知りたいという人にはいいかもしれません。持ち運びが便利なので、これもいい所でしょう。


「上方まんざい八百年史」
前田勇 著 杉本書店 1975年

 タイトルを見て分かる通り、上方漫才を中心に扱った本です。しかし、東京漫才にも大きな影響を与えた上方漫才そのものを知るにはこの書が一番最適だと思います。
 上方漫才の源流である大道芸の萬歳や音頭などがどのように発展してきたかという事を様々な歴史的事象や資料を絡ませながら、ケレン味のない格調のある文章で綴られています。
 少し難しいのが欠点ですが、漫才そのものの歴史や民族芸能としての萬歳の視点からとらえている点と文章の格調では、一、二位を争う名著だと思います。

・漫才調査に欠かせない文献

「漫才」
秋田実 主宰 漫才作家くらぶ 同人誌

 上方漫才の父と称される、漫才作家・秋田実が後輩の育成と漫才台本の整理のために立ち上げた同人誌です。同人誌という割には執筆陣は手堅く、後年、Wヤングややすし・きよしの台本を提供した人も寄稿しています。
 上方で出されていたものとだけあってか、話の中心は上方漫才になっているのは是非もありませんが、たびたび東京漫才も取り上げられているので侮れません。何よりも執筆陣が漫才師の理解者なので、媚びへつらいなくあるがままを書いているのが良い。
 毎月、東京漫才の動向をまとめた松原三郎氏の「東京通信」を筆頭に、多くの東京の漫才師が紹介されており、単発の記事や談話などでも度々東京漫才が出てきたりします。
 短いながらも面白い記事揃いで貴重な資料ではありますが、残念なのが入手困難である点でしょうか。情けない話ですが、私も全部見た事はありません。

「笑魂系図」
花月亭九里丸 昭和36年 私家版

 花月亭九里丸は漫談家として知られていますが、上方演芸の調査や記録などにも尽力した影の功労者であります。その功績は桂米朝や月亭春松などと肩を並べる程でしょう。
そんな九里丸の最後の仕事がこの「笑魂系図」です。系図という名の通り、関西の漫才師の師弟関係と生没年をまとめた労作です。師弟関係の概念が希薄で、混沌としていた漫才界にメスを入れようとした点は高く評価すべきでしょう。
内容の大半は関西の漫才師で占められているものの(仕方ない事ですが)、東京の漫才師についても触れられているので無視はできません。特に震災前後に東京に来た漫才師の名前や、東西交流で活躍した面々も紹介されている点は、特に貴重であるといってもいいでしょう。

 漫才師の系譜として大変優れている事は言うまでもありませんが、私家版として身内に配られただけなので、世に出回ることがないのが最大の欠点になっております。管理人も、現物には一度しかお目にかかった事はなく、手元にあるのはその写しです。九里丸の著作権は切れていますから、何かの折に書き起こせれば一番いいのですが……。
なお、生没年の有無を気にしないならば、相羽氏の「漫才入門百科」にも簡略な系図が掲載されているので、そちらを参考にするのも手です。

・漫才師の自伝(単行本篇)

「」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加