東京漫才を彩った人々

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


※一応、時代別に区分をしておりますが、結成年不明なコンビも多く、推測で区分したものが多いです。何卒ご了承ください。随時、更新していく予定です。

凡 例

一、区分するための重要な要素として、「コンビ結成年」に重点を置いていますが、戦争や漫才ブームなどの時代背景を象徴する場合や、名の知られた「名コンビ」の結成年の状況に応じて、時系列や名前の順列を前後させていることもあります。

一、単独で名前が記されている漫才師は基本的に、個人の業績の方が多いか、相方を一人に絞れないので、このような表記せざるを得なかったかのどちらかです。また、表記した以外の人と組んでいる場合もありますが、基本的に資料や文献に記された「名コンビ」の方を採用しております。悪しからず。

一、基本的にいつ頃結成されたのか不明なコンビが大多数を占めていることもあり、喜利彦本人が推測や独断の解釈で時代区分している場合もあります。基本的に史料などを踏まえて、区分しておりますが、ご不明な点、改善点などございましたら、遠慮なくお申し付けください。

(大正から昭和ひと桁)

朝日日出丸・日出夫
東喜代駒

東亭花橘・光子
荒川清丸・玉奴
荒川末丸
大津検花奴・菊川時之助
桂木東声・春風小柳
桂喜代楽・愛子
桂金吾・花園愛子
小桜金之助・桃の家セメンダル
砂川捨勝・祇園千代子
隆の家万龍・妻の家妻吉
宝家大坊・小坊
橘家デブ子・花輔
太刀村一雄・筆勇
玉子家源一
玉子家利丸・松鶴家日の一
日本チャップリン・梅廼家ウグイス
林家染団治
冨士蓉子
前田勝之助・隆の家百々龍
松尾六郎・敷島和歌子
都家福丸・香津代
吉原家〆坊・〆吉

(昭和ひと桁から日中戦争前後)

青柳ミチロー・柳ナナ
浅田家彰吾・雪恵
アザブラブ・伸
東ヤジロー・キタハチ
天野竜二・東お駒
荒川小芳・林家染寿
荒川芳勝・八千代
市山壽太郎・仲子

浮世亭出羽三・銀猫
大津お萬・小萬
香島ラッキー・御園セブン
叶家洋月・春木艶子
松鶴家千代若・千代菊
大朝家五二郎・〆駒
大道寺春之助・天津城逸朗
竹の家雀右衛門・小糸
橘エンジロ・美智子
千代田松緑・都路繁子
永田一休・繁子
浪花マンマル・シカク

中村目玉・玉千代
波多野栄一
林家染次・染子

林家染太郎・染次郎
林家染松・明石須磨子
林家染芳・愛子
春の家金波・銀波
牧タンゴ・山路はるみ

松平操・春風枝左松
柳家語楽・コタツ
横山円童・花柳つばめ

リーガル千太・万吉

(日中戦争前後~昭和20年)


石田一雄・八重子
今村寿三郎・梅井紋太郎
唄の家一八・歌丸
内海突破・並木一路

大津万由美・万之助
荻笑三・奈良江
香川染団子・染千代
川端末子・英主水
桂金哉・金二
菊野ノボル・長門英次
北村栄二郎・神田六三郎
小宮凡人・凡児
坂野比呂志・美津子
桜川ぴん助・美代鶴
曾我廼家童之助
曾我廼家祐十郎

高波志光児・光菊
武田三郎・美佐尾

橘晃一・眞理子
都上英二・東喜美江
轟ススム・八重子
富岡豊・花村いせ路
林幹夫・勝巳
宮島一歩・三国道雄
森ダットサン・トラック
大和家八千代・酒井義二郎

桂金吾・花園愛子

(終戦~昭和20年代)


十返舎亀造・菊次

(整理中)
大空ヒット・三空ますみ
宮田洋容・布地由起江
隆の家栄龍・万龍
美和サンプク・メチャ子
杉ひろし・まり
中禅寺司郎・滝喜世美
新山悦朗・春木艶子
大江笙子・京美智子
春日富士松・雪雄
シャンバロー(柳四郎・岡三郎・邦一郎)
森秀子・信子
美奈登小雪・艶子
銀座ネオン・サイン
マキノ洋一・初江


(終戦と共に現れた新人たち)

(整理中)
東和子・西〆子
東まゆみ・大和わかば
春日章・ちえみ
春日淳子・照代
コロムビアトップ・ライト
南道郎・国友昭二
獅子てんや・わんや
木田鶴夫・亀夫
内海桂子・好江
リーガル天才・秀才
晴乃ピーチク・パーチク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加