2019-04

漫才師 タの部

中禅寺司郎・滝喜世美

中禅寺司郎・滝喜世美とは戦前戦後に活躍した夫婦漫才である。ジャズ漫才という独特の芸が売り物だったそうで、人気があった。戦後は落語芸術協会に所属し、寄席の色物としても活躍をした。
東京漫才を彩った人々

大空はるか・かなた(横山あきおとケーシー高峰)

大空はるか・かなたは一九五〇年代に活躍した漫才師である。大空ヒットの門弟で、学生風の漫才師として、スマートな芸風で人気を集めたものの、数年で解散。はるかはケーシー高峰、かなたは横山あきおと名前を変えて活躍した。 
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました