2022-01

東京漫才を彩った人々

大空ヒット・東駒千代

大空ヒット・東駒千代は戦前活躍した漫才師。東喜代駒門下の俊英で、浅草の劇場と松竹芸能の劇場を中心に大活躍を遂げた。ハーモニカと三味線の合奏を得意とした。駒千代は喜代駒の元相方、大空ヒットは戦後も活躍し、「大空一門」の家元として君臨した人物である。
漫才師 ア行

オオタケタモツ

オオタケタモツは戦前戦後活躍したコメディアン。漫才師として数えるかどうか、となるとヒジョーにややこしい存在なのであるが、戦後コント漫才をやっていた事や、あきれたぼういず、小宮凡人・凡児の存在に関与する事、またリクエストがあったため、これを掲載することにした。

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました