2020-08

漫才師 タの部

高砂家とし松

高砂家とし松は、戦前活躍した漫才師。2020年に97歳で長逝した内海桂子の最初の旦那として知られる。また、長らく落語協会で活躍した曲独楽の柳家小志んの義兄、柳家とし松の叔父にあたる人物でもある。「とし松」という名前は、柳家小志ん家との縁戚からもらったものだという。
漫才師 マの部

丸の内権三・助十

丸の内権三・助十は、戦後活躍した漫才師。戦後直後にデビューしながら、売り出すのは1960年後半というすさまじく変則的なコンビであった。1966年、漫才コンクール特別賞を受賞している。芸名の由来は、岡本綺堂『権三と助十』であろう。司会漫才を得意としたそうな。
東京漫才とは何か

笹一平・八平

笹一平・八平は戦後活躍した漫才師。二人とも歌手や喜劇など様々な芸種を渡り歩いた末に漫才コンビを結成。コメディの素養を生かした軽妙で独特な話術が売りだったというが、一平の夭折で早くに別れた。芸名の由来は「酒を一杯やっぺ」という洒落。
東京漫才を彩った人々

條アキラ・アサ子

條アキラ・アサ子は戦後活躍した夫婦漫才。条アキラ・アサコ、アサ胡とも書く。戦後間もない頃――ハワイアン音楽が流行る前から、スティールギターを舞台で演奏するという斬新すぎる漫才で注目を集めたと聞く。アキラは南けんじや島津一朗などとコンビを組んだ。
タイトルとURLをコピーしました