東京漫才レコード吹込み年表

東京漫才レコード吹込み年表

 明治末にレコード吹込みが定着して以来、多くの芸能が記録される所となった。

 しかし、漫才はその猥雑性や新興勢力といった多くの事情や忌避から吹込みは長らく敬遠されており、演芸としての万歳が吹き込まれるのは、1920年代に入ってから。

 本格的な吹込みと発売が行われるようになるのは、1923年の関東大震災以降である。

 当初はキワモノ・雑芸的な形で出されていた漫才レコードであったが、レコード技術・生産の発展や漫才そのものの人気の上昇を受けて、1930年代中頃より、よく売れる演芸レコードの仲間入りを果たした。以来、吉本興業を中心にレコード吹込みが行われる事となる。

 東京漫才は勢力がバラバラで、また天下を制する程の人気があるコンビが少なかったせいか、関西よりも吹込みは少ない。

 しかし、早くからレコード吹込みを行ったり、専属になって、面白いレコードを発表して更新に大きな影響を与えるなど、なかなか侮れない。

 以下は『演芸レコード発売目録』及び『都新聞』などから調査した東京漫才のレコード一覧である。

 上方漫才のレコード年表は『上方漫才のすべて(仮)』を参考にしてください。

1925年

3月 荒川末丸・玉子家つや子『樽の酒・枯れすすき・スットントン節』(帝蓄)

7月 荒川鶴春太刀村一雄『滑稽浪花節』(ツル・329)

11月 東喜代駒太刀村一雄『磯節くづし・滑稽軽口』(パイオニヤ)

1926年

10月 巴家寅子・小染『お宝いらずの散財』(ニットー・2269)

12月 巴家寅子・小染『脱線義太夫 勧進帳』(ニットー)

12月 東喜代駒・喜代志『五段返し・深川くづし・滑稽磯節くづし』(ツル・987)

大正末期?

玉子家円辰・太刀村一雄『貝づくし・豆三 法界節・甚句』(内外 1403~4)

1927年

1月 巴家寅子・小染『脱線義太夫 梅にも春』(ニットー)

4月 東喜代駒・喜代志『抜け問答・駄洒落問答』(ツル)

1928年

4月 東喜代駒・駒千代『ハイクラス万歳 済南戦争』(ビクター・50414)

1929年

4月 東喜代駒・駒千代『館山節(石童丸入り)・滑稽浪花節』(パロ・E1044)

12月 東喜代駒・駒千代『忠臣蔵三段目・六段目』(パロ・E1180)

1930年

1月 富士蓉子・千代の家弟蝶『滑稽掛合音曲(草津節・安来節入り)』(ポリ・147)

3月 富士蓉子・千代の家弟蝶『俳優掛合数へ唄』(ポリ・234)

8月 東喜代駒・駒千代『モダン・シノノメ 1931年の大津絵』(パロ・E1388)

10月 富士蓉子・千代の家弟蝶『掛合改良節・野球節・新串本節』(ポリ・507)

1931年

1月 東喜代駒・駒千代『不如帰浅草見物』(パロ・E1543)

1月 大和家かほる・西村春雄『数へ唄(四十七士)』(昭和)

3月 大和家かほる・西村春雄『草津節・都々逸』(昭和)

4月 富士蓉子・千代の家弟蝶『続滑稽掛合音曲』(ポリ・708)

 6月 上田五万楽・雲井月子『娘エロ時代』(ヒコ・70490)

6月 富士蓉子・千代の家弟蝶『モダン掛合万歳』(ポリ・799)

 7月 上田五万楽・雲井月子『女は危険』(ヒコ・70529)

11月 富士蓉子・千代の家弟蝶『滑稽掛合音曲』(ポリ・981)

 12月 朝日日出丸・日出夫『モダン万歳 天どん節・新世帯』(ビクター・51988)

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました