2021-03

東京漫才を彩った人々

永田女一休・繁子

永田女一休・繁子は戦前活躍した女流漫才師。繁子はかつて永田一休・岩崎繁子で爆発的な人気を博した漫才師。後年、夫・一休とコンビを解消して、実の妹と組んだという変わり種でもある。女一休は繁子の末妹で、繁子・小繁・女一休の三姉妹で大変な人気を博したという。
東京漫才を彩った人々

マキノ葉子・ヤマト菊栄

マキノ葉子・ヤマト菊栄は、戦後活躍した女流漫才。葉子は、マキノ洋一・初江の妹であり、菊栄も大和家春子の娘というサラブレッド同士のコンビであった。太めの葉子はアコーディオン、細めの菊栄は三味線を持ち、凸凹コンビを旨としたオーソドックスな音曲漫才を得意とした。
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました