2019-10

漫才師 ア行

梅の家一徳・おかめ(春日井おかめ)

梅の家一徳・おかめは戦前活躍した親子漫才師。一徳が父親。三味線と浪曲を主体の漫才とした。娘のおかめは、後年、浪曲の春日井梅鶯門下に入り、春日井おかめと改名。天才少女浪曲師として地位と名声をほしいままにした。 
東京漫才を彩った人々

大和家貞夫・かほる

大和家貞夫・かほるは戦前活躍した夫婦漫才師。かほるは安来節の歌い手としても有名である。 
漫才師 タの部

高波志光児・光菊

高波志光児・光菊とは戦前戦後に活躍した漫才師。光児の実父は、朝寝坊むらくだという。マジックやラッパの曲弾など、アクロバット要素の多い漫才を得意とし、浅草中心に大きな人気を誇った。立川談志の熱烈な贔屓で知られる。
タイトルとURLをコピーしました