2017-05

漫才師 ナの部

中村目玉・玉千代

中村目玉・玉千代は戦前に活躍した夫婦漫才師。目玉は浪曲漫才を得意とし、浅草の劇場を中心に活躍。戦後も焼野原の東京で立ち上がったものの、終戦後間もなく急逝。玉千代は木馬館の下座になった。
漫才師 ア行

荒川芳勝・八千代

荒川芳勝・八千代は戦前戦後に活躍した漫才師。芳勝は大阪系の漫才師で、名門荒川一門の出身。四つ竹を打ち鳴らし、珍舞踊を踊る珍芸風の漫才で人気を博した。
東京漫才を彩った人々

冨士蓉子

冨士蓉子は戦前戦後に活躍した漫才師。少女漫才からスタートをし、多くの相方とコンビを結成。その達者な芸と美貌から、「東京のミスワカナ」と称されるほど、人気を博した。
漫才師 タの部

竹の家雀右衛門・小糸

竹の家雀右衛門・小糸 雀右衛門(左)・小糸(右)   人 物   竹たけの家や 雀右衛門じゃくえもん  ・本 名 島原 次郎  ・生没年 ??~昭和53年/1978年時点では健在  ・出身地 ??   竹たけの家や...
漫才師 ア行

荒川清丸・玉奴

荒川清丸・玉奴 清丸(右)・山村豊香    目 次 ・人物 ・経歴  ・漫才以前  ・梅坊主への弟子入り  ・放浪時代  ・漫才師への転向  ・東京への進出  ・清丸に対する一意見  ・東京漫才ブ...
東京漫才を彩った人々

都家福丸・香津代

都家福丸・香津代は戦前に活躍した夫婦漫才師。女性優位の漫才で人気を博した。福丸没後、香津代は都家かつ江と改名し、毒舌と愛嬌を振りまく三味線漫談と、独特の味を見せる女優として八面六臂の大活躍を遂げた。
漫才師 ア行

大津検花奴・菊川時之助

大津検花奴・菊川時之助は戦前戦後に活躍した漫才師。花奴は、安来節の人気歌手としても活躍をつづけた。曲芸や安来節を取り入れた芸尽くしの漫才で、東京漫才の人気者の一組として君臨した。
東京漫才を彩った人々

宮島一歩・三国道雄

宮島一歩・三国道雄は戦前戦後に活躍した漫才師。大柄の道雄と二枚目の一歩の取り合わせ、独特の間と話術を武器にしたしゃべくり漫才で人気があった。
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました