東京漫才のすべて 序

東京漫才のすべて 序

シャンバロー(柳四郎・岡三郎・邦一郎)は戦後活躍した歌謡漫談の一組である。岡と柳は長唄出身という変わり種で、邦楽をベースにした独特の演奏技術やとぼけた味で売れに売れた。長らく落語芸術協会に所属し、寄席の看板としても活躍した。岡三郎の孫娘は、池田有希子である。 

井上耕・今井真理子

井上耕・今井真理子

井上耕・今井真理子は戦後活躍した夫婦漫才師。「音楽列車」と称して民謡や浪曲のリズム、お経などを演奏して見せるコメディバンドで人気を集めたという。井上耕はかつてハワイで人気を集めたという「スリースリースモークショー」のリーダーだったというが、謎が多く不明な点の多い芸人である。

NO IMAGE

帝都漫才組合の結成と分裂

1935年、警視庁の要望や漫才師側の結束が合わさる形で、東京漫才師だけの団体「帝都漫才組合」が発足。発足時は80組、同年末には100組を超える大所帯となったが、幹部本位の体制や結成漫才大会を巡って間もなく内部抗争が勃発。1936年には分裂騒動が起こるなど、先行き不安なスタートであった。

東和子・西〆子

東和子・西〆子

東和子・西〆子は戦後活躍した女流漫才師。東和子は東喜美江のはとこ、西〆子は松鶴家千代若・千代菊の長女である。和子は都上英二の後妻となり、二代目東喜美江を襲名した。ギターと三味線の音曲漫才で人気を博したが、二人とも夭折した。

NO IMAGE

NHK漫才コンクール1

1986年まで行われたNHK漫才コンクールの記録の、第一篇です。戦後の東京漫才を支えた獅子てんや・瀬戸わんや、青空千夜・一夜、晴乃ピーチク・パーチク、リーガル天才・秀才、内海桂子・好江、春日三球などを輩出しました。

スイングボーイズ(人見明・久呂須敏・荒井弥太・西八郎)

スイングボーイズ(人見明・久呂須敏・荒井弥太・西八郎)

スイングボーイズ(人見明・久呂須敏・荒井弥太・西八郎)は、戦後活躍した歌謡漫談グループの一組。人見明はクレイジーキャッツや植木等の映画、男はつらいよ、などといった喜劇映画に出演。喜劇俳優としても名を成したのは有名な話である。

大當り・帝劇関東漫才大会

大當り・帝劇関東漫才大会

1953年1月25日、帝国劇場において東京漫才だけを集めた漫才大会が開催された。その大会は大当たりをとり、一時は衰退も危ぶまれた東京漫才の復興と復活を象徴するイベントとして記録されることとなった。

リーガル天才・秀才

リーガル天才・秀才

リーガル天才・秀才とは戦後・平成にかけて活躍した東京漫才の人気者である。巧みなユーモアと、独特な視点から切り込んだ時事漫才を武器に幅広い活躍をつづけ、「天秀コンビ」で慕われた。リーガルの亭号を継ぐだけあり、その話術は軽妙洒脱。また面倒見の良い性格から、「高峰一門」を形成。多くの東京漫才師を育成した他、国立演芸場創設などに関与した。

NO IMAGE

東京漫才師系図

東京漫才師系図――こちらは、東京漫才師たちの流れや師弟関係を記したページです。あくまでも目安ではありますが、こんな流れで芸が受け継がれ、コンビが結成されてきたのだと楽しんでいただければと思います。

NO IMAGE

東京漫才と笑いの研究

東京漫才と笑いの研究  ここは、「東京漫才とは何か」という根源的な問いと、その周辺に存在する笑い、ネタについてを考察するページ...

シャンバロー(柳四郎・岡三郎・邦一郎)

シャンバロー(柳四郎・岡三郎・邦一郎)

シャンバロー(柳四郎・岡三郎・邦一郎)は戦後活躍した歌謡漫談の一組である。岡と柳は長唄出身という変わり種で、邦楽をベースにした独特の演奏技術やとぼけた味で売れに売れた。長らく落語芸術協会に所属し、寄席の看板としても活躍した。岡三郎の孫娘は、池田有希子である。 

立見二郎・とん子

立見二郎・とん子

立見二郎・とん子は戦前に活躍した夫婦漫才師。二郎は東京漫才の先駆けの一人として活躍した。升の上で踊る芸や三味線の曲弾きなど、古典漫才風のネタを得意にしていたと伝えられている。  

クリトモ一休・三休と第一球

クリトモ一休・三休と第一球

クリトモ一休・三休と第一球は戦後活躍した漫才師。リーガル千太・万吉門下の俊英としてスタートしたが、一休は三河島事故で急死を遂げた。第一球はその後の相方で、今日のハウゼ畦元。三休は地下鉄漫才で一世を風靡した春日三球である。