東京漫才とは何か

東京漫才のすべて 序

この記録を外国に在る日本文化を愛する人に呈す かみさびて鳴かず飛ばずの万才も流浪の民と共に笑はむ  喜利彦 山人 
漫才師 タの部

立花六三郎

立花六三郎は戦前活躍した漫才師。東京漫才における兵隊漫才、兵隊コントの大御所。立花家六三郎とも書く。北村榮二郎とコンビを組んで、レコードやラジオに進出、おとぼけな兵隊を叱責する上官役で一世を風靡した。レコードもラジオ出演もある人物だが、そのくせ謎が多い。
東京漫才を彩った人々

中野四郎・神田一郎

中野四郎・神田一郎は戦後活躍した漫才師。神田一郎は後の青空たのし氏である。岡晴夫の一座から出発し、司会漫才として売り出したが数年で別れた。神田一郎は「青空たのし」と名乗り、東京漫才の花形として活躍。また90近くまでハーモニカ漫談の第一人者として舞台に立ち続けた。
東京漫才を彩った人々

青井しんご・赤井しんご

青井しんご・赤井しんごは戦後活躍した漫才師。「赤い信号・青い信号」の洒落である。赤井しんごは、笹八平と改名し、「一平八平コンビ」で売れに売れた。しんごは鹿島秀月門下の浪曲師出身で、漫才に転向。後年は漫談家として活躍したが、晩年は不遇だった由。
東京漫才を彩った人々

林家染団治・高野美貴子

林家染団治・高野美貴子は戦前戦後活躍した漫才師。夫婦ではない。林家染團治は東京漫才創成期から活躍を続けてきた大御所的存在。高野美貴子は、林家染次・染子の染子の実の妹であったという。元々舞踊家であったが、後年小川雅子の寿引退に伴う後釜として漫才界に入った。
東京漫才を彩った人々

大空みのる・都上ゆたか

大空みのる・都上ゆたかは戦後に活躍した漫才師。ギター漫才を得意としたという。ゆたかは都上英二・東喜美江の門下生。大空みのるは大和家かほる・宮川貞夫の長男。大和わかばは実の妹で相方。後年は「七尾みのる」と改名し、司会漫談に転じた。今も漫才協会の漫談と司会で活躍しているナナオの父親でもある。
東京漫才を彩った人々

宮田昇司・陽司

宮田昇司・陽司は戦後活躍した漫才師。宮田洋容一門の新鋭としてアクションの多い立体漫才を得意とし、司会漫才で大きな人気を集めた。解散後、昇司は何人かの漫才を経て「江戸売り声」の漫談家に転向。落語芸術協会に所属し、貴重な色物として活躍した他、宮田一門の育成にも努めた。
東京漫才を彩った人々

勝昌介

勝昌介は、戦前に流行した兵隊漫才を得意とした漫才師。兵隊漫才としては古く当初は宮古次郎とコンビを結成。後年、扇家勝利とコンビを組み直した。また、相当な売れっ子であったそうで、戦時中は帝都漫才協会の評議員となった。内海好江の両親と仲が良く、好江とも面識があった。
東京漫才を彩った人々

浜浩一・三島詩子

浜浩一・三島詩子は戦後活躍した夫婦漫才。元々は関西系の漫才師だったらしく、戦後間もない1950年頃に上京。歌謡曲を取り入れたショー形式の漫才を得意としたそうで、詩子がギター、浩一がトランペットやクラリネットを吹く漫才であったというが――如何せん謎が多い。
東京漫才を彩った人々

桂金哉・金二

桂金哉・金二は戦前活躍した桂金吾門下の漫才師。正統的なしゃべくり漫才を得意としたというが多くの謎が残る。金二の本名は、大日本漫才協会名簿だと「小島一雄」、『上方演芸人名鑑』だと「小林重幸」とあり、どちらが正しいのか判別できない。戦後は名古屋・大阪へ移り、新人として再スタートを切った。
東京漫才を彩った人々

青空うれし・たのし(二代目)

青空うれし・たのし(二代目)は戦後活躍した漫才師。スマートな時事漫才を得意とし、うれし当人が「一番やりやすいコンビだった」と言わしめ、トップ・ライト、都上英二などからも期待をかけられたが、発展途上で解散してしまった。
東京漫才を彩った人々

永田女一休・繁子

永田女一休・繁子は戦前活躍した女流漫才師。繁子はかつて永田一休・岩崎繁子で爆発的な人気を博した漫才師。後年、夫・一休とコンビを解消して、実の妹と組んだという変わり種でもある。女一休は繁子の末妹で、繁子・小繁・女一休の三姉妹で大変な人気を博したという。
東京漫才を彩った人々

マキノ葉子・ヤマト菊栄

マキノ葉子・ヤマト菊栄は、戦後活躍した女流漫才。葉子は、マキノ洋一・初江の妹であり、菊栄も大和家春子の娘というサラブレッド同士のコンビであった。太めの葉子はアコーディオン、細めの菊栄は三味線を持ち、凸凹コンビを旨としたオーソドックスな音曲漫才を得意とした。
漫才師 アの部

Wコント(東けんじ・玉川良一)

Wコントは戦後活躍した漫才師。ボケ役の東けんじは、宮城けんじとコンビを組んで、「Wけんじ」で一世を風靡。玉川良一は浪曲の玉川勝太郎門下の出身で、後年は、コメディアン、浪曲漫談家として、テレビに映画にラジオに独自の才能を発揮した。
東京漫才を彩った人々

木村咲子・笑子

木村咲子・笑子は、戦前、女流漫才の一組として浅草を中心とした人気を集めたコンビ。笑子は三味線が、咲子は踊りや話芸が得意で、諸芸尽くしの漫才を展開していたという。咲子は戦後も活躍し、三河萬歳や音曲漫才の名残を漂わせる貴重な漫才師として活躍した。
漫才師 アの部

東まゆみ・大和わかば

東まゆみ・大和わかばは、戦後、『おしゃべりシスターズ』という名称で売った女性コンビ。東まゆみは「東」の亭号通り、東喜代駒の門弟。わかばは、大御所「大和家かほる」の実の娘。恵まれた才能をフルに生かし、しゃべくり一本の女流漫才として頭角を現したが、志半ばで解散した。
漫才師 ハの部

坂東多見子・多見八

坂東多見子・多見八は、戦前、戦後に活動した漫才師。夫婦のようであるが夫婦ではなく、師弟コンビだというのだからややこしい。かっぽれや舞踊を中心とした漫才を得意としたそうである。
東京漫才を彩った人々

ボクジロー・キミマチコ

ボクジロー・キミマチコは、戦前戦後活躍した夫婦漫才師。小柄で芸達者なボクジローと、中々グラマーなキミマチコの対比が特徴的であったという。晩年は漫才界の長老的な存在であった。
漫才師 ヤの部

山田梅笑・君野喜代子

山田梅笑・君野喜代子は、戦前活躍した漫才師。夫婦漫才だったらしいが、殆どの詳細が分からない、戦前特有の不明コンビの一組である。梅笑は当時の幹部だったようで、帝都漫才協会の幹部に就任。喜代子は内海桂子と組んでいたことがあり、内海桂子の自伝の中に出てくる。
漫才師 ナの部

永田太閤・桜町千早

永田太閤・桜町千早は、戦前戦後活躍した夫婦漫才。永田一休・繁子の弟子だったらしいが、謎が多く残る。とにかく小柄で薄毛、そのくせ役者出身で芝居のうまい太閤と、大柄で男勝りの千早のコントラストと千早が太閤を徹底的にやっつける女性優位漫才で受けたという。
東京漫才を彩った人々

さえずり姉妹

さえずり姉妹は戦後活躍した女流歌謡漫才グループ。グループ全体を「さえずり姉妹」と呼ぶのであって、メンバーの入れ替わりも当然ある。主要メンバーは京美智子、西〆子、西美佐子であった。一時は「かしまし娘」と並べられるほどの人気があったと聞く。
漫才師 マの部

松川洋二郎・北村榮二郎

松川洋二郎・北村榮二郎は戦前戦後活躍した漫才師。両人ともに兵隊漫才で人気があったという。榮二郎はかつて立花六三郎との名コンビで知られた。洋二郎は東駒千代と結婚し、晩年は大空ヒットやワタナベ正美のマネージャーをしていた。
漫才師 ア行

青空はるお・あきお

青空はるお・あきおは戦後活躍した漫才師。コロムビアトップ・ライト門下の売れっ子で、司会漫才を得意とした。巨漢のはるおと痩せぎすのあきおの対比がよく受けた他、はるおのイカサマ中国語で受けた。
漫才師 ア行

榎本晴夫・志賀晶

榎本晴夫・志賀晶は戦後活躍した漫才師。元々は国友昭二を含めたトリオ「サラリーマントリオ」として活躍していたが、国友昭二が離脱したためなし崩し的にコンビを組んだ。志賀晶は元々マヒナスターズの司会者出身であった。
漫才師 ア行

榎本晴夫・国友昭二

榎本晴夫・国友昭二は戦後活躍した漫才師。国友昭二は南道郎と共にならした人気漫才師で、榎本晴夫は『楽団スイングチェリー』のバンドマスターを勤めていた変わり種。ビクター専属となり、日劇の歌謡ショーやビクター系統の歌謡大会の司会漫才として活躍した。
漫才師 ア行

松廼家錦治・小原福奴

松廼家錦治・小原福奴は戦前戦後に活躍した夫婦漫才。三味線と唄の民謡漫才を主としたという。古いことは確かなようであるが、戦前の活躍は皇軍慰問で活躍した以外はよく判らない。巡業中心の漫才師だった模様。戦後も活躍し、東京漫才協会に所属したという。
東京漫才を彩った人々

日の出家笛亀

日の出家笛亀は、戦前戦後活躍した漫芸の名人。日の出家笛亀とも書く。笛の曲弾きを得意とした。区分的には漫才師ではなく、雑芸色物であるが、漫才師たちと交友が深く、吉本興業との関係も深かったため、特例として挙げておく。
漫才師 タの部

高砂家とし松・雀家〆子

高砂家とし松は、戦前活躍した漫才師。2020年に97歳で長逝した内海桂子の最初の旦那として知られる。また、長らく落語協会で活躍した曲独楽の柳家小志んの義兄、柳家とし松の叔父にあたる人物でもある。「とし松」という名前は、柳家小志ん家との縁戚からもらったものだという。
漫才師 マの部

丸の内権三・助十

丸の内権三・助十は、戦後活躍した漫才師。戦後直後にデビューしながら、売り出すのは1960年後半というすさまじく変則的なコンビであった。1966年、漫才コンクール特別賞を受賞している。芸名の由来は、岡本綺堂『権三と助十』であろう。司会漫才を得意としたそうな。
東京漫才とは何か

笹一平・八平

笹一平・八平は戦後活躍した漫才師。二人とも歌手や喜劇など様々な芸種を渡り歩いた末に漫才コンビを結成。コメディの素養を生かした軽妙で独特な話術が売りだったというが、一平の夭折で早くに別れた。芸名の由来は「酒を一杯やっぺ」という洒落。
東京漫才を彩った人々

條アキラ・アサ子

條アキラ・アサ子は戦後活躍した夫婦漫才。条アキラ・アサコ、アサ胡とも書く。戦後間もない頃――ハワイアン音楽が流行る前から、スティールギターを舞台で演奏するという斬新すぎる漫才で注目を集めたと聞く。アキラは南けんじや島津一朗などとコンビを組んだ。
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました