2021-05

東京漫才を彩った人々

浜浩一・三島詩子

浜浩一・三島詩子は戦後活躍した夫婦漫才。元々は関西系の漫才師だったらしく、戦後間もない1950年頃に上京。歌謡曲を取り入れたショー形式の漫才を得意としたそうで、詩子がギター、浩一がトランペットやクラリネットを吹く漫才であったというが――如何せん謎が多い。
東京漫才を彩った人々

桂金哉・金二

桂金哉・金二は戦前活躍した桂金吾門下の漫才師。正統的なしゃべくり漫才を得意としたというが多くの謎が残る。金二の本名は、大日本漫才協会名簿だと「小島一雄」、『上方演芸人名鑑』だと「小林重幸」とあり、どちらが正しいのか判別できない。戦後は名古屋・大阪へ移り、新人として再スタートを切った。
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました