2021-06

東京漫才を彩った人々

勝昌介

勝昌介は、戦前に流行した兵隊漫才を得意とした漫才師。相当な売れっ子であったそうで、戦時中は帝都漫才協会の評議員となった。内海好江の両親と仲が良く、好江とも面識があった。
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました