漫才師 ホの部

東京漫才を彩った人々

星ススム・東陽子

星ススム・東陽子は戦後活躍した漫才師。男女コンビであるが夫婦ではない。星ススムは、曾我廼家一奴の弟子で、一楽といった喜劇役者で、戦後に漫才師に転向したベテラン芸人であったが、夭折した。東陽子は都上英二・東喜美江の弟子で、後年の太平洋子。大柄の巨躯を武器にした。
東京漫才を彩った人々

堀井清水

堀井清水は戦後活躍した電気三味線・浪曲グループ「堀井清水とダイヤグループ」のリーダーである。改造した電気三味線を手に、浪曲や物語を聞かせる独自の舞台を展開。多くの浪曲漫才やボーイズに影響を与えた。 
漫才師 ア行

出雲友衛・北條恵美子

出雲友衛・北條恵美子は戦前・戦後に活躍した夫婦漫才である。友衛は、名人と謳われた吉田奈良丸の弟子だけあって、声が自慢で、昔仕込んだ浪曲漫才を得意とした。戦後も浪曲節真似で活躍をつづけた。
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました