中禅寺司郎・滝喜世美

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中禅寺司郎・滝喜世美

司郎(右)・喜世美

若き日の司郎

人 物

中禅寺ちゅうぜんじ 司郎しろう

・本 名 小和田 利信
・生没年 1910年8月17日~1977年以降
・出身地 東京

たき 喜世美きよみ

・本 名 小和田 カネ子
・生没年 1921年7月10日~??
・出身地 東京

 

 来 歴

 生前付き合いのあった清水一朗氏によると、「栃木生まれだという事を本人から伺いましたが」との事であるが、どうも東京生まれのようである。

 芸人になる以前は高等小学校に進学した後、堅気の商売をやっていたらしく、『都新聞』(1938年1月21日号)に、

中禅寺司郎、満里子のコンビは今日が初放送、司郎さんは新人で陸軍御用商人から転向、漫才を始めて三年位になる、単独ヂヤズといつてインテリ向きの賑やかなお笑ひが得意

 とある。

 1935年頃、漫才師となり、静家興行と専属を結ぶ。その頃は都路繁子とコンビを組んでいた。後に松竹演芸部と契約を結び、松竹系の劇場に進出するようになった。この頃、ミッキー満里子とコンビを変えたようであるが、謎が残る。

 一方の滝喜世美は元々ダンサー出身。波多野栄一は『寄席と色物』の中で、「馬鹿囃子のマネが巧く女房はダンサー上がりで売れたが……その後は不明」と記している。また、『芸能画報』(1959年4月号)によると、

喜世美 ①小和田加根子②大正10年7月10日③東京④昭和16年8月浅草静家興業社に入る後松竹演芸部を経て同29年芸術協会に入る

 戦時中、二人は出逢い結婚。司郎が婿養子に入った。

 戦後も漫才を続け、ジャズ漫才の第一人者として台頭。東京漫才の人気者の一人として台頭。

 1954年2月上席より、日本芸術協会に所属し、寄席にも出演するようになった。

 1955年には漫才研究会設立に関与し、初期メンバーの一人として名を連ねている。

 以来、寄席を中心に活躍、「ジャズ漫才」と称した珍芸風のネタを得意とした。真山恵介『寄席がき話』に、その芸風を記したものが掲載されているので、引用する。

 故大辻司郎バリの、前髪を刈りそろえたおカッパ頭の司郎(芸名のイワレ)と長身サッソウたる喜世美のコンビで、トリネタは鼻と口と指の活用によるジャズで、ピアノ、トロンボーン、サキソフォン、ドラム等々、実ににぎやか千万な大メロディーが出現する。
 それにからんで、名舞踊家喜世美がダンスの妙をご覧に入れるという。いつまでもお若いご両人の楽しそうな高座は、思わずお客の爆笑を誘う。

真山恵介『寄席がき話』

 ただし、安藤鶴夫は某エッセイの中で「素人のような芸だ……」と酷評している。

 1962年7月限りで芸術協会を退会し、その後も暫く漫才をやっていたとは聞くが、この頃から消息がつかめなくなる。

 日本東八拳技睦會々長の菊廼家和楽氏から伺った話によると、1977年頃、幇間の悠玄亭玉介の関係者であったお囃子の師匠から、馬鹿囃子や祭囃子の仕事を貰いに来ていたという。それ以降の消息は完全に不明。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加