漫才

漫才師 タの部

高砂家とし松

高砂家とし松は、戦前活躍した漫才師。2020年に97歳で長逝した内海桂子の最初の旦那として知られる。また、長らく落語協会で活躍した曲独楽の柳家小志んの義兄、柳家とし松の叔父にあたる人物でもある。「とし松」という名前は、柳家小志ん家との縁戚からもらったものだという。
漫才師 タの部

中禅寺司郎・滝喜世美

中禅寺司郎・滝喜世美とは戦前戦後に活躍した夫婦漫才である。ジャズ漫才という独特の芸が売り物だったそうで、人気があった。戦後は落語芸術協会に所属し、寄席の色物としても活躍をした。
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました