漫才師 コの部

漫才師 ハの部

隼飛郎・黄金龍尾

隼飛郎・黄金龍尾は戦後活躍した学生漫才コンビ。飛郎は今日も活躍している青空うれしその人である。コンビ自体は短かったものの、学生漫才の系譜に大きな足跡を残した。
東京漫才を彩った人々

コロムビアトップ・ライト

コロムビアトップ・ライトは戦後活躍した漫才師。司会漫才という新しいジャンルを創設し、青空一門の総帥として長らく活躍を続けた。トップは参議院議員としても有名。両人共に司会者としても売れた。
漫才師 サの部

坂野比呂志・小林美津子と坂野比呂恵

坂野比呂志・小林美津子と坂野比呂恵は戦前に活躍した夫婦漫才師。複雑な三角関係を形成した。坂野比呂志は漫才から足を洗った後は、大道芸漫談に転向。芸術祭を受賞し、テレビや舞台で大活躍した。 
東京漫才を彩った人々

小宮凡人・凡児

小宮凡人・凡児は戦前戦後に活躍した漫才師。小宮凡人は、喜劇役者としても有名で、幼いころの色川武大と不思議な交友関係を持っていた。漫才師としての活動期間は短かったようである。 
東京漫才を彩った人々

小桜金之助・桃の家セメンダル

小桜金之助・桃の家セメンダルは東京漫才創成期に活躍した漫才師。夫婦であった。セメンダルはセメント樽の略称。凸凹コンビで人気があったという。金之助が独特の所作で雪駄や畳直しの職人の真似をする不思議な物真似芸がトリネタであったと聞く。
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました