漫才師 サの部

東京漫才とは何か

笹一平・八平

笹一平・八平は戦後活躍した漫才師。二人とも歌手や喜劇など様々な芸種を渡り歩いた末に漫才コンビを結成。コメディの素養を生かした軽妙で独特な話術が売りだったというが、一平の夭折で早くに別れた。芸名の由来は「酒を一杯やっぺ」という洒落。
漫才師 サの部

太平洋子・三升小粒

太平洋子・三升小粒は、高度経済成長期に活躍した漫才師。100キロ近い大女の太平洋子と小柄でヒョロヒョロの小粒との対比で人気を集め、落語協会系の寄席で活躍した。太平洋子はおデブタレントの先駆けとして活躍したが夭折。三升小粒は後年、「林家ライス」と改名し、妻の「カレー子」と共に環境漫才やいじめ防止漫才などを開拓した。
漫才師 サの部

坂野比呂志・小林美津子と坂野比呂恵

坂野比呂志・小林美津子と坂野比呂恵は戦前に活躍した夫婦漫才師。複雑な三角関係を形成した。坂野比呂志は漫才から足を洗った後は、大道芸漫談に転向。芸術祭を受賞し、テレビや舞台で大活躍した。 
漫才師 サの部

桜川ぴん助・美代鶴

桜川ぴん助・美代鶴は戦前戦後に活躍した夫婦漫才師。ぴん助は幇間・かっぽれの名人としても知られ、多くの記事や記録を残した。落語芸術協会に所属し、寄席の漫才として人気を集めたのも有名な話である。立川談志の贔屓の漫才師でもあった。 
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました