漫才師 ラ行

東京漫才を彩った人々

ロマンスガールズ(ロマンス清美・由美・多枝子)

ロマンスガールズは戦後活躍した歌謡漫才グループの一つ。ロマンス清美・由美・多枝子という三人の女性で構成されており、関西のかしまし娘や東京のさえずり姉妹などと人気を競い合ったという。古典物を得意とし、若くて華やかな芸風で人気を集めたものの、多枝子の脱退でトリオを解消。残された二人は漫才コンビとして続投することとなった。
漫才師 リの部

リーガル天才・秀才

リーガル天才・秀才とは戦後・平成にかけて活躍した東京漫才の人気者である。巧みなユーモアと、独特な視点から切り込んだ時事漫才を武器に幅広い活躍をつづけ、「天秀コンビ」で慕われた。面倒見の良い性格から、「高峰一門」を形成。多くの東京漫才師を育成した他、国立演芸場創設などに関与した。 
漫才師 リの部

リーガル千太・万吉

リーガル千太・万吉は戦前戦後活躍した漫才師。しゃべくり漫才の頂点を極め、東京漫才におけるしゃべくり漫才の基礎を作った。万吉は漫才研究会初代会長としても活躍した。
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました