漫才師 スの部

東京漫才を彩った人々

スイングボーイズ(人見明・久呂須敏・荒井弥太・西八郎)

スイングボーイズ(人見明・久呂須敏・荒井弥太・西八郎)は、戦後活躍した歌謡漫談グループの一組。人見明はクレイジーキャッツや植木等の映画、男はつらいよ、などといった喜劇映画に出演。喜劇俳優としても名を成したのは有名な話である。 
漫才師 ア行

酔月楼とり三・唄の家なり駒

酔月楼とり三・唄の家なり駒は戦前活躍した漫才師。関西弁と標準語のイントネーションの違いで漫才をやるという不思議な芸の持ち主であった。とり三の姪が春風亭枝雀の妻に当たる。  
漫才師 ア行

東家市丸・砂川捨奴

東家市丸・砂川捨奴は戦前活躍した漫才師。浪曲漫才を得意とした。夫婦ではない。元々は関西系の漫才師だったという。砂川捨奴は、上方漫才の大御所、砂川捨丸の弟子であった。
東京漫才を彩った人々

杉ひろし・まり

杉ひろし・まりは戦後活躍した夫婦漫才師。長らく落語芸術協会の色物として君臨。「スイングコント」と称する音曲漫才で人気を集めた。また、幕内ではおしどり夫婦として有名で、50年近い芸歴を共に歩み合った。  
東京漫才を彩った人々

砂川捨勝・祇園千代子

砂川捨勝・祇園千代子は戦前戦後に活躍した漫才師。名前の通り砂川捨丸の弟子。戦後一時期歌姫として活躍した西村つた江は二人の娘である。 
タイトルとURLをコピーしました