漫才師 キの部

東京漫才を彩った人々

千代の家計之助・木村咲子

千代の家計之助・木村咲子は戦後に活躍した漫才師。男女コンビであるが、血縁関係のない他人コンビであったという。木村咲子は戦前、咲子・笑子コンビで売った一人であり、計之助も大阪の名門「千代の家」の出身。芸尽くしの古風な漫才を得意としたと聞く。
漫才師 ア行

大江笙子・京美智子

大江笙子・京美智子は、戦前戦後活躍した姉妹コンビ。落語協会に所属し、美智子がアコーディオン、笙子が三味線を持って、歌い踊る音曲漫才で人気があった。大江笙子の娘の夫は、昭和に活躍した三遊亭円之助、その倅は先日物故した三遊亭小円朝である。笙子は晩年おはやしに転向した。
東京漫才を彩った人々

銀座ネオン・サイン

銀座ネオン・サインは戦後活躍した漫才師である。コロムビアトップ・ライトの様な時事漫才を得意とし、一時は未来のスターとして期待されたというが、すぐにコンビを解消してしまったという。謎の多く残る不思議な漫才師である。 
漫才師 ア行

大津検花奴・菊川時之助

大津検花奴・菊川時之助は戦前戦後に活躍した漫才師。花奴は、安来節の人気歌手としても活躍をつづけた。曲芸や安来節を取り入れた芸尽くしの漫才で、東京漫才の人気者の一組として君臨した。
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました