漫才師 シの部

漫才師 ア行

榎本晴夫・志賀晶

榎本晴夫・志賀晶は戦後活躍した漫才師。元々は国友昭二を含めたトリオ「サラリーマントリオ」として活躍していたが、国友昭二が離脱したためなし崩し的にコンビを組んだ。志賀晶は元々マヒナスターズの司会者出身であった。
東京漫才を彩った人々

條アキラ・アサ子

條アキラ・アサ子は戦後活躍した夫婦漫才。条アキラ・アサコ、アサ胡とも書く。戦後間もない頃――ハワイアン音楽が流行る前から、スティールギターを舞台で演奏するという斬新すぎる漫才で注目を集めたと聞く。アキラは南けんじや島津一朗などとコンビを組んだ。
東京漫才を彩った人々

獅子てんや・瀬戸わんや

獅子てんや・瀬戸わんや てんや・わんや(左) コンビ結成間もない二人(わんやがひげを生やしているのに注目) 漫才を披露する二人 『お笑いカラー寄席』で司会をする二人 (左端二人はチック・タック 遠藤佳三氏旧...
漫才師 ア行

笑福亭茶福呂・秋野華枝

笑福亭茶福呂・秋野華枝は東京漫才の創成期に活躍した一組。夫婦漫才であったという。茶福呂の前歴は殆ど謎に包まれている。が、笑福亭と名乗っている所から上方落語の出身だった模様。昭和初期から戦後まで30年近くにわたって活動を続けた。
東京漫才を彩った人々

松鶴家千代若・千代菊

松鶴家千代若・千代菊は、戦前戦後に活躍した夫婦漫才師。「もう帰ろうよ」とボヤくほのぼのとした芸風でテレビラジオの人気者になったほか、松鶴家千とせ、東京太、ビートたけしの面倒を見た師匠分として有名である。
東京漫才を彩った人々

十返舎亀造・菊次

立川談志や色川武大が敬愛した伝説の漫才師、十返舎亀造・菊次の音源、発掘。長年無いとされてきたその肉声が今、甦る。
漫才師 タの部

玉子家利丸・松鶴家日の一

玉子家利丸・松鶴家日の一 左・日の一 右・利丸 日の一  目 次  ・人物  ・来歴   ・入門前後   ・松鶴家日の丸の事   ・志し、上京にあり   ・二人の戦後  人 物  玉子家たまごや 利丸としまる ・本 名 中山...
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました