漫才師 シの部

東京漫才を彩った人々

獅子てんや・瀬戸わんや

獅子てんや・瀬戸わんやは、戦後に活躍した東京の漫才師。整然として品のいい漫才と凸凹コンビの取り合わせ、『なんでいったの』『ぴよこちゃん』などの当たりネタで、多くの漫才師や後進に影響を与えた。 
漫才師 ア行

笑福亭茶福呂・秋野華枝

笑福亭茶福呂・秋野華枝は東京漫才の創成期に活躍した一組。夫婦漫才であったという。茶福呂の前歴は殆ど謎に包まれている。が、笑福亭と名乗っている所から上方落語の出身だった模様。昭和初期から戦後まで30年近くにわたって活動を続けた。
東京漫才を彩った人々

松鶴家千代若・千代菊

松鶴家千代若・千代菊は、戦前戦後に活躍した夫婦漫才師。「もう帰ろうよ」とボヤくほのぼのとした芸風でテレビラジオの人気者になったほか、松鶴家千とせ、東京太、ビートたけしの面倒を見た師匠分として有名である。
東京漫才を彩った人々

十返舎亀造・菊次

立川談志や色川武大が敬愛した伝説の漫才師、十返舎亀造・菊次の音源、発掘。長年無いとされてきたその肉声が今、甦る。
漫才師 タの部

玉子家利丸・松鶴家日の一

玉子家利丸・松鶴家日の一は、コンビとしての上手さや漫才師の活動というよりも、多くの談話と芸を残したということから、その名を歴史に刻む事となったという異色のコンビである。 
タイトルとURLをコピーしました