松鶴家千代若・千代菊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松鶴家千代若・千代菊

 人 物

松鶴家しょかくや 千代若ちよわか

 ・本 名 安藤 定夫
 ・生没年 明治41年/1908年10月25日~平成12年/2000年6月25日
 ・出身地 栃木県 太田原

松鶴家しょかくや 千代菊ちよぎく

 ・本 名 安藤 ふゆ
 ・生没年 大正4年/1915年1月29日~平成8年/1996年4月29日
 ・出身地 東京 浅草


松鶴家 千代菊(二代目)

 ・本 名 安藤 妙子
 ・生没年 1945年(逆算)~平成8年/1996年3月6日
 ・出身地 東京


 来 歴

 松鶴家千とせ、東京太、さらにはビートたけしなどといった人気者の育ての親であり、漫才界の長老として、また夫婦漫才の見本のような存在として、広く尊敬されたコンビである。

 のほほんとした千代若ときびきびとした千代菊の姿と朗らかな舞台を記憶している人も多い事であろう。長生きをし、しかも弟子が有名人揃いとだけあってか、多くの資料や本が残されており、一部は今でも容易に入手することが出来る。

 普通に見る限りだと、東京漫才の大御所として重きをなしたようなイメージが強いが、元を辿れば関西の漫才であり、松鶴家という屋号も関西由来のものである。

 しかも、本格的な東京進出は、戦後に入ってからであり、また発言や芸談の類もつじつまが合わない事が多く、結構矛盾した事を口にしている。そう考えると純然な東京漫才として、このカテゴリーに入れるのは果たして正しいのか疑問が残る所ではあるものの、功績や芸歴を踏まえると、やはり東京漫才の古老の一組として迎え入れねばならないであろう。

 そういうわけで、ここでは特例としてこのコンビを加えた。何卒ご了承いただけると幸いである。


 ・漫才師以前

(更新中)

 ・晩年の残光

 最晩年の千代菊は持病である腎不全との闘いであった。透析や入院などを繰り返しながら、舞台や会合などに参加をしていたが、平成7年頃、病状の悪化に伴い、末娘の妙子に千代菊の名前を一旦譲り、自身は闘病生活に入った。

 千代若は二代目千代菊を引き連れて、活動を再開させ、元気な所を披露をし、最高齢漫才師として活動が期待された。

 そんな未来が開かれようとした矢先、二代目千代菊が倒れ、51歳という若さで急逝してしまう。この時はまだ千代若は無論こと、母である千代菊も健在であった。西〆子、千代菊と二人の娘に先立たれた両親の不幸と傷心は幾許なるものであったか。

 そのショックも大きかったのであろう、平成8年4月29日、松鶴家千代菊も娘の後を追っかけるように亡くなった。享年81歳。死因は慢性腎不全であった。

(更新中)

 千代若・千代菊の芸談及び回顧の信憑性について

 このコンビは東京漫才でも随一と言っていいほど、芸談や回顧録を残しているが、実はこれが、なかなかの曲者で扱いを誤ると重大なミスを犯しかねない。

 分りやすく言えば、「信憑性に欠けるきらい」があるにもかかわらず、「ほかに語り手がいない故に情報が独り歩きしている」という状況になってしまっている。小島貞二同様、このコンビの聞書きや芸談を見る際にはよく検討し、比較をしなければ、あっという間に作為的な意図や曖昧な記憶の闇の中に飲み込まれてしまう。

無論、このコンビが遺してくれた芸談は貴重だという前提を以てを忘れてはならない。あくまでも批判すべきは過ちやズレ、勝手な意見だけであり、遺そうという心意気や本人たちの行動は賞賛されるものである。そこを忘れてはならない。

以下はそれらを踏まえた上での芸談の比較と一考察である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加