松鶴家千代若・千代菊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松鶴家千代若・千代菊

千代若(左)・千代菊

 人 物

松鶴家しょかくや 千代若ちよわか

 ・本 名 安藤 定夫
 ・生没年 1908年10月25日~2000年6月25日
 ・出身地 栃木県 太田原

松鶴家しょかくや 千代菊ちよぎく

 ・本 名 安藤 ふゆ
 ・生没年 1915年1月29日~1996年4月29日
 ・出身地 東京 浅草


松鶴家 千代菊(二代目)

 ・本 名 安藤 妙子
 ・生没年 1945年(逆算)~平成8年/1996年3月6日
 ・出身地 東京

 

 来 歴

 松鶴家千とせ、東京太、さらにはビートたけしなどといった人気者の育ての親であり、漫才界の長老として、また夫婦漫才の見本のような存在として、広く尊敬されたコンビである。

 のほほんとした千代若ときびきびとした千代菊の姿と朗らかな舞台を記憶している人も多い事であろう。長生きをし、しかも弟子が有名人揃いとだけあってか、多くの資料や本が残されており、一部は今でも容易に入手することが出来る。

 普通に見る限りだと、東京漫才の大御所として重きをなしたようなイメージが強いが、元を辿れば関西の漫才であり、松鶴家という屋号も関西由来のものである。

 しかも、本格的な東京進出は、戦後に入ってからであり、また発言や芸談の類もつじつまが合わない事が多く、結構矛盾した事を口にしている。そう考えると純然な東京漫才として、このカテゴリーに入れるのは果たして正しいのか疑問が残る所ではあるものの、功績や芸歴を踏まえると、やはり東京漫才の古老の一組として迎え入れねばならないであろう。

 そういうわけで、ここでは特例としてこのコンビを加えた。何卒ご了承いただけると幸いである。


 漫才師以前

 千代若は栃木に生まれ、幼い頃から民謡が大好きで、大会荒らしとして知られた存在であった。小学校卒業後、鰻屋に奉公をしていたが、十三歳の時に当時日本一と称されていた浪曲師・吉田奈良丸(二代目)の弟子にならんと、家出をして大阪へと向かう。

 大阪へ上った後、弟子入りを願うも栃木訛りを理由に断られ、挫折。千日前のうどん屋で働いていたが、1923年に松鶴家千代八に弟子入り。「松鶴家千代一」と名づけられ、漫才師となる。違う文献では「千代和」という名称もある。

 震災直後から東京へは来ているものの、あくまでも安来節のツマであり、大活躍とまで至っていない。1928年頃に開催された東西萬歳大会にも招聘されておらず(喜代駒、金吾愛子、染団治、清丸玉奴らは参加)、不遇な時代が長く続いた。1927年頃、「デブ千代一」として浅草第二館に出演した広告が残っているが、これは千代若だろうか。そして相方は、橘家デブ子だろうか?

 千代菊は幼い頃から踊りを仕込まれ、川畑勝子一座で踊り子をやっていた。市川豆子、キッコーマンと名乗り、全国を巡業していた。後年、この舞踊の経験が漫才のネタとなった。

 千代菊と出逢う前、千代若は若松家正二郎や東雲立坊などとコンビを組んでやっていたが、一人で上京して居た折に巡業を頼まれ、川畑勝子一座に入団。その一座で千代菊と出逢い、1929年、結婚。広島の清水興行部に所属した。

 それまでは千代菊の姉を(ややこしいがふゆの実姉)、「千代菊」と名乗らせ、自身は「千代若」と名を改める。義理の兄弟コンビを組んでいたが、間もなく寿引退でコンビ解散。

 コンビ結成と戦争

 舞台に穴をあけてはならない――という理由で、1931年頃に妻のふゆとのコンビを結成。ただし、この結成年は本や対談によってばらばらで、1931年とも1933年とも言っている。はじめ、千代菊は大の漫才嫌いで舞台を捨てようとしたが故に、千代若に石油箱が粉々になるまでぶん殴られた逸話を『東京漫才のすべて』の対談の中で語っている。

  やっと千代菊を一人前に仕立て上げ、漫才師らしくなった二人は主に巡業や関西の舞台に立っていたが、1939年頃、当時羽振りのよかった籠寅興行に呼ばれ、東京に移住をする。この時、人気落語家の春風亭柳好の門下で漫才師をしていた桂金吾――千代若からしてみると兄貴分に大変世話になった。後年、金吾愛子の娘を預かって面倒を見ていた事もある。

 戦時中は慰問を中心にしており、「東京漫才のすべて」の対談の中で、千代若は陸軍派遣で13回、千代菊は子育てなどの理由があって、8回と言っているが、随分と多く外地に出て慰問に貢献した。

 その慰問先で、疲れ切った兵隊たちの顔を見、「もう帰ろうよ」とボヤいたところ、大受けであったが、後で憲兵に「反戦主義者」として尋問され、困ったというエピソードがある。これは千代若生涯のネタと見えて、『大衆芸能資料集成』等にも紹介されている。よほど、このネタが出来た経緯が面白かったのであろう。

 戦後のこと 

 戦後、東京漫才として再スタートするが、その頃はまだ恵まれておらず、源氏太郎氏曰く「もう帰ろうよ、っていったら帰れって客に石を投げられていましたよ」。

 しかし、地道な努力が功を成し、1955年の漫才研究会発足辺りから徐々に認められ始めた。春風亭柳橋の斡旋で芸術協会に所属するようになり、寄席の色物としても徐々に知られるようになった。

 落語芸術協会に所属したのは、1961年頃。中禅寺司郎と入れ替わりだった模様である。以来、寄席に出演し続け、最晩年まで出ていたのでご記憶にある方も多いだろう。

 多くのコンビが解散、死別をする中で、多彩な芸と活躍ぶりを見せ、1967年に「三河万歳」で芸術祭奨励賞を、1975年には漫才師初の紫綬褒章を受章。朴訥とした千代若のキャラクターとキビキビとした千代菊のキャラは演芸番組でも重宝され、東京漫才の大御所として君臨していく。

 なんといっても千代若の美声が売り物で、多くの漫才がテンポ・アップしていく中、ひょうひょうとした芸風を守り続けた。トリネタの八木節をはじめ、安来節、磯節、数え歌、詩吟など、数多くの音曲を得意とし、千代菊もそんな千代若をうまくコントロールしながら、三味線や剣舞など、達者な所見せていた。老いてなお、健全なり。とはこの事であろう。

 その傍らで後進の育成にも尽力し、松鶴家千とせ、東京太、ツービートなど、人気者を輩出。名実共に東京漫才の第一人者となった。

 

 晩年の残光

 最晩年の千代菊は持病である腎不全との闘いであった。透析や入院などを繰り返しながら、舞台や会合などに参加をしていた。 1986年、娘の西〆子が死去。まだ50代の夭折であった。この時のショックは特に大きく、千代菊の病状も悪化したほどであった。

 1994年頃、病状の悪化に伴い、末娘の妙子に千代菊の名前を一旦譲り、自身は闘病生活に入った。千代若は二代目千代菊を引き連れて、活動を再開させ、元気な所を披露をし、最高齢漫才師として活動が期待された。

 そんな未来が開かれようとした矢先、二代目千代菊が倒れ、51歳という若さで急逝してしまう。この時はまだ千代若は無論こと、母である千代菊も健在であった。西〆子、千代菊と二人の娘に先立たれた両親の不幸と傷心は幾許なるものであったか。

 そのショックも大きかったのであろう、平成8年4月29日、松鶴家千代菊も娘の後を追っかけるように亡くなった。享年81歳。死因は慢性腎不全であった。

 その後も千代若は生き続け、1999年秋の漫才大会で、卒寿の祝いが大々的に行われた。然しこの時にはもう車椅子で、あした順子に介助されて出演した。パンフレット内に以下のような文章が掲載された。ほのぼのとした名文である。

卒寿を迎えて

十三歳で栃木県大田腹を後にして大阪へ、
十四歳で先代松鶴家千代八師に弟子入りし、
民謡漫才として舞台に立つ、
昭和六年千代菊と結婚、以来六十五年間夫婦漫才として頑張って来たが平成八年千代菊が先に旅立っちゃった、
でもよ、俺の心の中では今でも一緒だ。
よく「帰ろうよ」はどうして出来たんですかと聞かれるが此れはだネ
戦時中、外地に何十日と慰問に行った時
舞台で思わず「かあちゃん早く帰ろうよ」と
言ってしまった、見ていた兵隊さん達は
自分達と同じ気持ちだったんだろう
拍手喝采大受け、中には泣いてた人もいたな、
舞台が終わった後、お偉いさんから、
兵隊の士気にかかわると、こっぴどく怒られた。
書きたいことはいっぱいあるがとても書ききれないネ。
光陰矢の如しと言うが、本当に月日のたつのは
早いもので初舞台から七十七年。
歳も九十一歳になっちゃった、
百歳以上の人が一万人もいる高齢化の時代に
九十一歳だからどうって事もないか、
でもおそらく現役の漫才では最高齢だろう、
今の目標は百歳になっても舞台にたつ事。
漫才協団の人たちが大事にしてくれてるから一人になっても頑張らなくてはいけないね。

東京の漫才を此れからも応援して下さい。

松鶴家千代若

 1999年漫才大会パンフレットより

 それが一世一代の誉れで、間もなく床につき、翌2000年6月25日、妻や娘の許へと旅立った。

・千代若・千代菊の芸談及び回顧の信憑性について

 このコンビは東京漫才でも随一と言っていいほど、芸談や回顧録を残しているが、実はこれが、なかなかの曲者で扱いを誤ると重大なミスを犯しかねない。

 分りやすく言えば、「信憑性に欠けるきらい」があるにもかかわらず、「ほかに語り手がいない故に情報が独り歩きしている」という状況になってしまっている。小島貞二同様、このコンビの聞書きや芸談を見る際にはよく検討し、比較をしなければ、あっという間に作為的な意図や曖昧な記憶の闇の中に飲み込まれてしまう。

 無論、このコンビが遺してくれた芸談は貴重だという前提を以てを忘れてはならない。あくまでも批判すべきは過ちやズレ、勝手な意見だけであり、遺そうという心意気や本人たちの行動は賞賛されるものである。そこを忘れてはならない。

 以下はそれらを踏まえた上での芸談の比較と一考察である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加