笑福亭茶福呂・秋野華枝

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

笑福亭茶福呂・秋野華枝

 人 物

笑福亭しょうふくてい 茶福呂ちゃぶくろ

・本 名 田中 保次郎
・生没年 ??~1954年以降  
・出身地 関西?

秋野あきの 華枝はなえ

・本 名 田中 はつ
・生没年 ??~1954年以降  
・出身地 ??

 来 歴

 東京漫才の創成期に活躍した一組。夫婦漫才であったという。

 茶福呂の前歴は殆ど謎に包まれている。が、笑福亭と名乗っている所から上方落語の出身であろう。誰の弟子かまでは判らない。

 大正~昭和前半頃の上方落語界隈では茶番、掛合などが人気を博すようになり、掛合・茶番を専門とする落語家が生まれるようになった。

 但し、その頃の軽口の名人に宇治の家茶好という人がいた事を考えると、この人の弟子かもしれない。

 茶福呂が東京へ来たのは早く、『都新聞』(1927年9月11日号)の広告に

浅草劇場 初上京萬歳荒川竹春、笑福亭茶福呂等加入

『都新聞』(1927年9月11日号)

 とあるのが確認できる。相方の竹春は荒川芳春かその辺りの弟子だろう。これ以降、「関西萬歳」の名義で、東京の舞台に出るようになる。

▲帝京座 大和家三姉妹一座へ八日より関西萬歳笑福亭茶福呂、荒川竹春加入

「都新聞」(1928年2月8日号)

 その後、巡業に出たのか、1929年頃には広告などから名前が消える。

 1930年頃、笑福亭花子という人物とコンビを組み直している。『都新聞』(1930年10月22日)の広告に、

▲帝京座 新加入は
万歳若松家正三郎、玉子家源一、柳家美代子、柳家亀八、笑福亭花子、同茶福呂

 とある。この花子が後年の妻、華枝かどうかは不明。

 華枝の前歴はよく判らない。華枝の名前が出てくるのは、1931年からで、『都新聞』(6月14日号)の広告に、

▲新富演藝場 十六日より五日間
福丸、愛子、華枝、茶福呂、一丸、金茶丸、吉丸、源一、六郎、和加子、月子、友衛、小柳連等の東栄會一座出演者

 と記載されている。この頃にはもう一枚看板だったと見えて、1931年11月、小松川に開設された寄席「占春館」の開館特別興行に、桂文治や鈴々舎馬風などと共に出演している。詳しくは上掲の写真を参考。

 以降、華枝とのコンビで活躍。波多野栄一『寄席と色物』によると、

笑福亭茶福呂、華枝 音曲漫才時代に始終シャベクリで通したのだからエライ

 とある。関西由来の掛合を得意とした模様か。また、ベーゴマやウグイスの真似など、他愛無い物真似も得意としたという。

 1943年には、大日本漫才協会に所属。青柳ミチロー、文の家都枝と共に、第九部の幹事に任命された。ただ、この頃の動向には謎が多く、よく判らない点が多い。

 戦後も細々と活躍をしていたそうで、『アサヒ芸能新聞』(1954年5月1週号)の『関東漫才切捨御免』の中に、

秋野華枝・笑福亭茶袋

二人とも年配ですし、古い。といってこれからもう一回華を咲かせてという望みもない筈。茶袋の物真似――の鶯の谷渡り、ブンブンゴマが他愛のないもので御機嫌を伺っている。

 とあるのが確認できる。この頃にはもう相当な年だったようである。それから間もなくして没した模様か。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加