漫才師 マの部

漫才師 ア行

松廼家錦治・小原福奴

松廼家錦治・小原福奴は戦前戦後に活躍した夫婦漫才。三味線と唄の民謡漫才を主としたという。古いことは確かなようであるが、戦前の活躍はよく判らない。巡業中心の漫才師だった模様。
漫才師 マの部

丸の内権三・助十

丸の内権三・助十は、戦後活躍した漫才師。戦後直後にデビューしながら、売り出すのは1960年後半というすさまじく変則的なコンビであった。1966年、漫才コンクール特別賞を受賞している。芸名の由来は、岡本綺堂『権三と助十』であろう。司会漫才を得意としたそうな。
漫才師 ア行

青木長之助・松葉栄子

青木長之助・松葉栄子は戦後活躍した夫婦漫才。青木長之助は浅草で人気を博した青木の玉乗りの子孫筋で、子飼いの芸人であった。栄子は戦前にしては珍しい大学出身の女性で、異色のコンビであった。三味線も踊りも達者な漫才師として浅草を中心に活躍を続けたが、パッとした人気を得ることなく自然消滅をした。
漫才師 マの部

松島家圓太郎・色香

松島家圓太郎・色香は戦前に活躍した夫婦漫才師。圓太郎がバイオリン、色香が三味線を受け持ち、これを合奏して俗曲や流行歌を演じる――当時としてはハイカラな芸の持ち主だったようである。 
漫才師 タの部

高原妙子・松林桂右

高原妙子・松林桂右とは戦後に活躍した夫婦漫才であり、曲芸師・サイクル松林の両親である。ギターとアコーディオンというオーソドックスな音曲漫才を得意とした。
漫才師 マの部

牧タンゴ・山路はるみ

牧タンゴ・山路はるみは戦前に活躍した夫婦漫才師。浅草を中心に活躍したが、タンゴが夭折した。山路はるみは後年の十返舎菊次である。
漫才師 ハの部

松平操・春風枝左松

松平操・春風枝左松は、戦前戦後活躍した夫婦漫才。松平操は、漫才の中にハーモニカを取り入れた先駆者の一人であり、大空ヒット、都上英二らと鎬を削った。枝左松は女道楽の出身で、何でもござれの芸達者な人であったという。
漫才師 タの部

前田勝之助・隆の家百々龍

前田勝之助・隆の家百々龍は、戦前に活躍した夫婦漫才師。勝之助は、節真似で戦後の放送の人気を総なめし、一世を風靡した前田勝之助その人であり、百々龍は隆の家萬龍の妹。その名前の通り、浪曲節真似と音曲を得意とした。
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました