松平操・春風枝左松

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松平操・春風枝左松

 松平操(左は丸一小鉄)

松平まつだいら みさお

 ・本 名 ?
 ・生没年 ?~昭和56年/1981年以前?
 ・出身地 

春風はるかぜ 枝左松しさまつ

 ・本 名 ?
 ・生没年 ?~昭和56年/1981年以前?
 ・出身地 

 松平操は古い芸人で、『読売新聞』(一九三六年八月二三日号)のラジオ欄に、

 松平は向島小学校卒業後、浅草橋際新見楽器店に奉公中、ハーモニカを勉強し、二十一歳の時に林家正蔵の睦会に所属して、寄席に出演するようになる。後年、安来節の大和家三姉妹一座に入団し、ハーモニカで追分節、浪花節、博多節を吹くことを研究した。現在は松竹、ビクター、三Kハーモニカ会社に所属

『読売新聞』(一九三六年八月二三日号)

 とある。余談であるが、流行歌手の楠木繁夫も「松平操」名義で活躍していた事があるので、広告などに出ているとどちらがどちらなのか、悩ましい所ではある(しかも、デビュー時期が近い)。

 枝左松も三升家三喜之助と女道楽コンビを組み、美貌と達者な芸を売りで鳴らした古株の芸人である。

 三喜之助・枝左松のコンビは震災以前から人気があり、JOAKが出来て数年も経たずに出演を果たしている。

 コンビ結成年は不詳であるが、一九三五年には一枚看板になっている。枝左松の三味線や唄に合わせ、「野崎」、「追分」といった曲弾きや浪曲の節を操がハーモニカで真似て演奏するという珍芸で人気を集めた。

 一九三五年に行われた都新聞後援の漫才コンクールで、並み居る人気漫才師をおさえて準優勝を成し遂げた。以下はその時の結果発表を報じた記事である。

これに氣をよくした松竹演藝部では、これを金龍館(註・浅草にあった劇場。後年松竹演芸部の漫才専門席となる)を持つて行つて常打に演り、續いて八月下旬には再び松竹座で、今度は都新聞社公演の下に漫才コンクールを開いたがこれも勿論當つて、愈々漫才熱を煽つた、因みにこの時所定の審査員によつて選ばれた優勝者は、一等浪速シカク、同マンマル、二等春風枝左松、松平操、三等都路繁子、千代田松緑等である

『都新聞』(一九三五年十二月二四日号)

 また、当時としては珍しくレコード吹込みやラジオ出演も行っている。ハーモニカ漫才の先駆けとしても活躍した。その盤の一つに、「唄ずくし」というものがある。国会図書館および関係施設で視聴できるので、どうぞ。

松平操・春風枝左松「唄ずくし」

1936年03月、ビクターより発売

 戦中戦後は「松平漫謡団」「松平操一行」など、バラエティに富んだ一座を結成して、全国巡業や慰問に出かけていた模様である。

 一方、漫才コンビも継続し、昭和二〇年代後半~三〇年代頃まで、漫才大会や演芸場に出演している様子が、坂野比呂志「香具師の口上でしゃべろうか」などで確認する事ができるが、漫才研究会には加わらなかった模様である。

 うれし氏曰く、「大人しい、目立たない人だった」。その後の消息はよく分かっていない。ただ、極楽寺の名簿には出ているので、それ以前には没した模様である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加