前田勝之助・隆の家百々龍

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前田勝之助・隆の家百々龍

勝之助(上)・百々龍(下)

 人 物

 前田まえだ 勝之助かつのすけ

 ・本 名 前田 勝之助
 ・生没年 明治42年/1909年11月1日~平成10年/1998年11月5日
 ・出身地 栃木県足利市

 たか 百々龍ももりゅう

 ・本 名 前田 徳ノ
 ・生没年 明治40年頃?~昭和35年/1960年1月8日
 ・出身地 新潟?

 来 歴

 節真似で戦後の放送の人気を総なめし、一世を風靡した前田勝之助も元を辿れば漫才の出身であった(更に元を辿ると八木節に至るのだが)。勝之助の漫才転向は早く、喜代駒、染団治に次ぐ存在であるといってもいいのかもしれない。が、この人も、都家かつ江と同じように、漫才時代よりも後年の節真似の資料の方が多かったりする。

 戦後の動向を詳しく書きたいのも山々であるが、節真似だけに始終して書くと研究の趣旨に反するので、ここでは「漫才師・前田勝之助」として、その生涯や芸風を書き綴ることにしよう。

 ・漫才以前

  勝之助の前歴は芝清之の労作である「東西浪曲大名鑑」に詳しい。彼のプロフィールだけならば、これだけ足りる。少し長くなるが、実によく書けているので、経歴を引用しよう。

前田勝之助

 栃木県足利市の出身。彼は大正5年まで栃木にいたが、その年に一家をあげて上京した。彼の父親は都勇勝という故郷にいた頃からの八木節の演者で、初代堀越源太とは兄弟分であったという。だから彼は5~6歳頃から習うともなく八木節を会得して、上京した頃にはいっぱしの音頭とりになっていた。父親の家は祖父の代から機織をしていたが、都勇勝が道楽に身をやつしたため、その弟に家督をゆずって上京したのである。
 上京した彼は、翌大正6年に浅草の御園座に父と共に出演して八木節を演じた。まだ8歳の少年が大人たちに交じって唄うその美声に聴衆はヤンヤの喝采で迎えた。
 翌7年に″落語東西会″が万世館で行われたときに、色ものとしてこの中に出演したのが八木節の初代堀越源太で、この頃の色ものの世界には、初代江戸家猫八、掛合(万才)のウグイス、チャップリン、三人こっけいの寿家岩てこなどという、今ではヨダレの垂れそうな巧者の連中が落語の席にハマっていた。その中の一人八木節源太が出演していた万世館で、たまたま源太が声を痛め、出演できないときに、源太の替りに彼が抜てきされて出演した。これが縁で″堀越小源太″の芸名を許され倅分として扱われた。
 父親は百名近い座員を連れて各地の巡業に忙しかった。東京の留守宅は小源太が経済的にめんどうをみて母と二人で暮らしていたという。源太の許には2年間世話になった小源太は、その後父と共に巡業に加わり福井県の敦賀で大正12年の大震災に会っている。震災3ヶ月目に上京したが、各地の寄席は焼失して仕事はなく、やむなく父と吉原や洲崎の街を流して歩いた。が、さしも隆盛を誇った八木節も、大震災を境に急激に衰えはじめ、安来節がこれに替った。そこで世の移り変りにめざとい小源太は、広島に安来節を演らせたら渡辺お糸も舌を巻くという”小松”という半玉のいる事を耳にして、同12年10月広島に飛んだ。そして小松の許で本格的に安来節を会得した。また彼は少年時代から、父の歌う浪曲に興味をもっていたので、安来節のアンコに雲月節の”神崎東下り”を入れて新工夫を図った。
 安来節小源太の名声は冨に上っていったが、安来節のブームもまた日を追って下り坂となり、同14年に彼は漫才に転向。

(芝清之「東西浪曲大名鑑」 41頁)

 基本的にこれで十分といった所であるが、『著作権台帳』などには、

前田勝之助 足利市市山辺小学校卒業

(「著作権台帳」第十版)

 という記載があって、混乱が生じている。当時は尋常小学校中退という人も多々居た事は事実であるのが、そうだとしても何故「小学校卒業」などと書いたのかわからない。

(更新中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加