天野竜二・東お駒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天野竜二・東お駒

竜二(左)・お駒

 人 物

天野あまの 竜二りゅうじ

 ・本 名 柴田 政次
 ・生没年 明治43年/1910年7月20日~1991年以降
 ・出身地 愛知県 名古屋市

あずま お駒 こま

 ・本 名 柴 敏子
 ・生没年 明治43年/1910年12月28日~1991年以降
 ・出身地 新潟県

 来 歴

  1930年代から平成に入るまでの60年以上の長きにわたって活躍した、生きた漫才史のような存在であったという。それ相応のキャリアと芸格を持っていながらも、竜二の病気や狷介な性格故か、ついに大輪の花を咲かす事のなかった惜しいコンビでもある。

 しかし、キャリアの長さだけで行けば、千代若・千代菊に匹敵するものであり、夫婦漫才コンビの長さとしてもギネス級の記録の持ち主であった。

 ・漫才以前

 前歴は謎が多いものの、資料が全くないというわけではない。『芸能画報』(一九五九年二月号)によると、天野竜二は、

昭和2年演劇界に入ったが漫才を修業同6年舞台に立つ

(『芸能画報』 一九五九年二月号 「新撰オールスタア名鑑」)

 だったそうで、『著作権台帳』には、

師匠 山本一夫

(『文化人名録』)

 とある。山本一夫が如何なる人物であったかはよくわからない。

 一方のお駒は、

一時演劇界で活躍していたが昭和6年漫才として舞台を踏む

(『芸能画報』 一九五九年二月号 「新撰オールスタア名鑑」)

 とある。同じ一座で出会ったのであろうか、詳しい事は判らないが、二人は結婚し、共に昭和六年にコンビを結成した。

 ・東京漫才の一員として

 漫才転向後、二人は喜代駒を頼ってその門下となったというが、詳しい経緯はよく判っていない。また竜二は少々頑固で一匹狼のきらいがあったそうで、俺は誰にも関係していない、などと口にしては周囲を困らせたなどという逸話も、関係者から聞いた事がある。

 しかし、そうはいうものの、実際は喜代駒を頼りにしていたそうで、喜代駒門弟の一人である源氏太郎氏も「あの二人は何かにつけては親父(喜代駒)を頼っていましたし、お駒さんも東っていう亭号は喜代駒さんからもらったっていっていましたよ」との事であり、喜代駒のご子息も「このお駒さんっていうのはしょっちゅう家に来ていました。すごくしっかりとした人で、可愛がってもらった記憶があります」と、昔を思い出して下さった。

(更新中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加