香島ラッキー・御園セブン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香島ラッキー・御園セブン

ラッキー(左)・セブン(右)

 人物

  香島 ラッキー  

・本 名 香島 慶一
・生没年 明治42年/1909年4月12日~昭和55年/1980年以後
・出身地 北海道生まれ、東京育ち

  御園 セブン    

・本 名 八代 喜三男 (整弘とも)
・生没年 明治42年/1909年1月31日~昭和54年/1979年頃?
・出身地 東京都

 来歴

 東京漫才にとどまらず、戦前を代表する名コンビの一組である。吉本の歴史やわらわし隊を論ずる上で彼らを無視することなど到底不可能--それくらい立派なコンビである。

 そのくせ、消息が分からないのは、両人共に喜劇畑に行き、漫才師としては些か不燃焼気味だったことに起因するのかもしれない。

 ・漫才以前

 他の漫才同様に、二人の前歴は謎が多いものの、ある程度は判明している。特にラッキーの方がよく揃っている。

 基本的なプロフィールは、「レコード音楽技芸家銘鑑 昭和15年版」に詳しい。まず、ここから引用しよう。

 香島ラッキー

本名香島慶一、明治四十二年四月十二日北海道に生れ東京にて育つ。神田専修商業學校卒業して三越本店の社員となる。幼少の頃より錦心流の琵琶を習ふ。

(「レコード音楽技芸家銘鑑 昭和15年版」 300頁)

 続いて、御園セブン。ラッキーと比べると、やや前歴に謎が多い。

 御園セブン

本名八代喜三男、明治四十二年一月三十一日、東京に生る。

(「レコード音楽技芸家銘鑑 昭和15年版」 300頁)

 情けないことに彼に関する事はこれだけで、あとはコンビ結成について語られているのみである。その一方で、こんな記事もある。

ラッキーは明治四十三年東京生、商業学校を出て日本橋三越本店の店員になつたが、芸能人になるために喜劇界に入り、昭和八年漫才を志して吉本興業を振り出しにセブンとコンビとなり

(中 略)

なお、ラッキーは十二才から二十五才まで錦心流の琵琶を習い、免状をもつている。

(中 略)

ヤシロ・セブンもラッキーと同年、芝で生れて神田で育つたというチヤキ/\の江戸ツ子。幼年は歌舞伎界に入りラッキーと同じく昭和八年吉本興業へ入り、同じ道を歩いて、今日に至っている。

(「週刊NHKラジオ新聞」 1950年9月16日号 7頁)

 御園セブンに関しては、本名もあいまいで、著作権台帳などを見ても、

矢代セブン 本名 八ツ代整弘

「文化人名録(第十版)」

 と、ある。前置きが長くなってしまったが、結構無責任なものである(清水一朗氏に問い尋ねたところ、「芸人は大福帳とか名簿に縁起のいい名前や当て字を書いたりするから案外あてにならないんですね」との事)。

(随時更新中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加