石田一雄・花園八重子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石田一雄・花園八重子

人 物

石田いしだ 一雄かずお

・本 名 石田 龍彦
・生没年 ??~1981年以後?
・出身地 ??

花園はなぞの 八重子やえこ

・本 名 石田 キヨ
・生没年 ??~1981年以前?
・出身地 ??

 来 歴

 伊志田一雄、花園ヤヱ子という名義もあるが、ここでは一雄・八重子で統一をする。

 二人の前歴はハッキリとしていない所が多いが、波多野栄一「寄席と色物」に

 根は新派の女形の出

 という記述がある。

 戦前にコンビを結成し、戦前から戦後の一時期にかけて吉本興業に所属していた模様で、「吉本有名会」「吉本特選演藝大會」などといった大会にも出演している所を見ると、中々の人気はあったようである。

 作家の色川武大はこのコンビの芸を鮮明に覚えており、「寄席放浪記」の中で「ポパイよいづこ」と題した一文を記している。曰く、一雄のポパイの真似と八重子の饒舌が売り物だった、そうである。

 戦後、落語協会の色物として入会し、上野鈴本や新宿末広亭などに出るようになった。この頃の舞台に接した一人に若き日の立川談志が居り、談志の著作ではなぜかよく出てくる。たいして面白くないという割には、出てくるので不思議な人物である。

 一九五五年の漫才研究会設立にも関与し、会員の一組として名を連ねたが、その前後で落語協会を脱退し、消息が辿れなくなる。大体1954年頃の話である。

 波多野栄一は「寄席と色物」の中で、

短気で円生師と喧嘩して協会を出された

 と、脱退した理由を指摘している。

 その後の消息は不明であるが、前述の色川武大の『ポパイよいづこ』を真実とするならば、1960年代まで浅草の小屋に出ていた模様である。以下はその抜粋。

 昭和三十年代のころは、落語協会に所属して都内の寄席に常時出ていたから、ご記憶の方もあろう。ところが三遊亭円生に楯ついたとかで、おまけにズボラの面もあって、協会を追い出され、どこに出ているか、私にはしばらく所在が知れなかった。
 それからしばらくして浅草を歩いていると、木馬館の看板の中に彼らの名前が見える。あそこは当時、一、二組をのぞいてマイナーな芸人の出るところである。
 しかしなんでもよろしい。彼らの健在ぶりをひさしぶりに観ようと思って、中に入った。一雄・八重子は健在だったけれど、服装もみるからに貧相で、八重子の前歯が一本抜けている。思いすごしかもしれないが、入れ歯を売っちゃった、という風情である。
 元来、勇ましくないところにその印象が重なって、高座に風が吹いているような感じである。
 それはよろしい。それはよろしいが、彼らのやり出したネタは、代用食と買出しわや皮肉った戦争中のネタであった。
 昭和四十年ごろになって、米が喰えないでヤミの食物を漁りに出かける話は、私ばかりでなく客席全体が唖然とした。
 笑声ひとつ立たず、しいんとなって、その中で一雄が不景気にボソボソと呟いている。あれは異様な光景であった。私は寒々とした客席にじっとうずくまったまま、しばらく席を立てなかった。

色川武大『寄席放浪記』より

 両人共に没年は不詳であるが、八重子は一九八一年付の『芸能人物故者芳名簿』に名が載っている。一方、一雄の名前は出ていないので、その時には健在だった模様か。

 談志や色川武大が頻繁に取り上げているにも関わらず、その素性がよく判っていない珍奇なコンビである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加