東鳥八・竹家照子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東鳥八・竹家照子

人 物

 あずま 鳥八とりはち

・本 名 渡辺 正勝(旧・松崎)
・生没年 ??~1950年頃?
・出身地 ??

 竹家たけや 照子てるこ

・本 名 ??
・生没年 ??~??
・出身地 ??

 来 歴

 東鳥八は漫才師よりも、奇術師・松旭斎静花の父親としての方が高名である。前歴はよく判らない点が多い。

 竹家照子に関しては、一切判らない。

 舞踊や物真似など、珍芸風の舞台を得意とした。その芸風が真山恵介『わっはっは笑事典』に掲載されているので引用する。

 父は東鳥八といって、珍芸ふうな漫才で”夕暮れ”などの三味線に合わせて、「唖の釣り」のような所作の珍舞などもやり、声帯模写(もちろん、当時はものまねといった)もなかなかで、初代江戸家猫八から二代目――にと嘱望されたこともあったという。

 1935年頃より竹家照子と共に浅草の劇場に進出している様子が、当時の広告などより伺える。

 1939年には娘の東洋子誕生。この娘が、後年、松旭斎静花である。戦時中も浅草の劇場などで奮闘を続けていたが、戦争悪化に伴い、栃木県藤岡に疎開。

 敗戦後間もない1945年11月、疎開先で次女を授かっている。この娘も後に奇術師となり、松旭斎静穂と名乗った。

 戦後も暫くは健在で、本格的な復帰を目指そうとした矢先、死去。静花が松旭斎天静一門に入門した1955年にはもう物故していたという。

 後年、静花は曲独楽の柳家とし松と結婚。落語協会に所属し、長らく夫婦で活躍を続けていたが、2012年、とし松と死に別れたのを機に引退した。2019年現在も健在と聞く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加