桂金吾・花園愛子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桂金吾・花園愛子


(引用 國學院大學 研究開発推進センター

 人物 

 かつら 金吾きんご

・本 名 稲田 清次郎(後年、浅井清次郎となる。清治郎とも書く)
・生没年 明治32年/1899年2月9日~昭和56年/1981年8月18日
・出身地 京都

花園はなぞの 愛子あいこ

・本 名 稲田 みさ
・生没年 明治39年/1906年3月15日~昭和16年/1941年7月22日
・出身地 熊本県肝属郡大根占(現・錦江町)


来歴


情報更新はしばらくお待ち下さい。

 花園愛子は、靖国神社に祀られている唯一の漫才師である。そのせいか、漫才史のみならず、芸能史、戦争史などにも一大事件として度々取り上げられ、悲運の漫才師としても知られている。

 もっとも、唯一かと言われると疑問があって、靖国神社で祀られている英霊の中には無名の漫才師もいるはずである。そう考えると、「漫才師として国の為に尽くし、漫才師として国の為に殉じた」という方が正確ではないだろうか。

 だが、靖国に祀られているのは紛れもない事実であり、漫才師の芸名が世間に知れ渡ったところを見ると、漫才のために生き、漫才と国の為に殉じたといってもいいのかもしれない。

 花園愛子の戦死と当時の背景や戦地慰問の実情などを書き綴るだけで、相応のものが出来そうであるが、今回は思想や敵味方云々を出来るだけ抜きにして、このコンビの来歴や動向を記したいと思う。一部、現代にそぐわない言葉や表現が出てくる事があるかもしれないが、一つの歴史的な事象としてご了承願いたい。

 

 ・漫才以前

 ・東京漫才の一組として

 ・花園愛子の戦死

 ・金吾の晩年

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加