アザブラブ・伸

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アザブラブ・伸

ラブ(右)・伸

 人 物

アザブ ラブ

 ・本 名 城田 ?
 ・生没年 ??~没
 ・出身地 東京

アザブ 伸

 ・本 名 城田
 ・生没年 ??~没
 ・出身地 ??

 経 歴

 伸の前歴はよくわからないが、芸界入り前後のことは『アサヒグラフ』()掲載の「舞台の司会者告知板」「腹でモノいう人々告知板」に詳しい。

 なお、小島貞二は「活弁出身」と記しているが、師匠筋は分かっていないので、詳細はよくわからない。

 ラブも当時としてはインテリで、岡田則夫『蒐集奇談』によると、大妻技芸学校の出身という才女。宝塚国民座専属、レビューの女優と漫才師らしくない経歴を持った人物であったという。

 ・東京漫才の人気者

 一九三五年頃、コンビを組んで漫才に転向。その頃はアザブ伸・月路ラブと名乗っていたが、後に統一して「アザブラブ・伸」。吉本興業に所属をし、主要な劇場に出演をしていた。

 都会的な知性とモダンさを兼ね備えた漫才を得意とし、レコード吹込みも率先して行った二人は瞬く間に学生層を中心に高い人気を得、東京漫才の人気者の一組として数えられた。

 しかし、その活躍はあまり長くはなかったそうで、ラブの病状悪化のためにコンビを解消。ラブは再起叶わず若くして亡くなり、残された伸は一九三九年頃より秩父照子、一九四一年頃よりアザブエミとコンビを組み直したが、往年の人気は取り戻せなかった。

(更新中)

 ・戦後の動向とMOA

 その後、伸は漫才から一線を退き、腹話術と司会漫談へと転向した。腹話術では川崎ブッペが作った「キー坊」なる人形を持って舞台を勤めていた。

 戦後は司会のほか、栗友亭などにも出演をしていた。そのせいか、先述のアサヒグラフの「腹でモノをいう人々」に掲載されている。

 また、伸は一九五二年頃に岡田茂吉の世界救世教に入信したそうで、その信心や活動の様子が茂吉全集などから伺える。

 『婦人生活』(1953年10月号)掲載の松下紀久雄「話題の宗教道場探訪 世界メシヤ教の正体」によると、

信者の一年生

 信者になりたての一年生。腹話術でご存知のアザブ伸(50)さんを、折から浮世絵開催中の箱根美術館でつかまえました。
「私のは胸がやつぱり悪かつたんで、七月には洗面器二はいの大喀血だつたのが浄霊でピタリと治り、今日こうして立つてるのは、まつたく生きたサンプルみたいなもんでさ。  
 さつそく此所で教主様のお書きになったお守りを胸にブラ下げて、東京へ帰っさつたのはいいが、嬉しくつて/\、何んか試しにやつて診たくてしようがねえ。  
 ところが、いい幸いに家内が娘の喜久美(4)の喉に氷袋をのせて、オロ/\しながら医者に駆けつけるツて所でしたナ。理屈は解んないけども(俺がやる)と云つたら、おかみさんが怒つて逃出しちやいましたネ。  
 不馴れな手つきで浄霊をやりながら、効くか効かないか、やつぱり心配で、一晩中寝ないでビク/\してましたら、そのまんま子供はスヤスヤ。たつた三十分で面白いように治つちやつたんでさ。
 そうなると面白くて/\たまらないから、ビツコの犬でも見つけりや、エサを持つておつかけ廻す騒ぎです。
 腰の抜けた近所のブリキヤの倅を治すと、同じ町内の風呂屋の親父が、神経痛でコチンコチンの体を持つて来ました。これは少々日数を喰いましたが一週間でグニヤン/\のやわらかい体にしてやりたした。
 その証拠にはうちの六畳に置いてある、新品のタンスはその親父が、お礼だとかつぎ込んだものですから、来て貰えば何時でもお見せ致しますぜ……」

(「婦人生活」一九五三年十月特大号 268頁)

 なお、この婦人生活の記事は一部曲解があったらしく、岡田茂吉の教義や解答をまとめた「御垂示録」の中で、批判されている。

 昭和三十年代ごろまで、その存在を確認することが出来るが、その後の消息は殆ど掴めない。当時の関係者の話によると、楽屋大将(人気の有無に問わず、楽屋で威張る人)みたいな所があって、煙たがられていたという。

 没年は不詳。しかし、前述の娘さんがまだご健在である可能性が高い。是非とも知っておきたい存在である。

(更新中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加