永田一休・繁子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

永田一休・繁子

永田一休・繁子

 人 物

永田ながた 一休いっきゅう

 ・本 名 ??
 ・生没年 ??~戦前?
 ・出身地 山梨県 甲府

永田ながた 繁子しげこ

 ・本 名 ??
 ・生没年 ??~没
 ・出身地 ??

(更新中のため、概要のみ)

 『都新聞』(一九三五年八月十二日、十三日号)の「漫才銘々傳」によると、一休は郷里の山梨で糸繭売買などの仕事をしていたが、声が良い事に気をよくして、ドサ回りの壮士芝居に身を投じたのが芸界入りの振り出しというのだから古い芸人である。

 しかし、ドサ回りの壮士芝居ではいつまで経ってもうだつが上がらず、「昭和会」なる安来節漫才一座に移籍。その一座で歌や漫才を覚える傍ら、北海道や東北、北陸を巡業していたという。一時は浪曲への転向も考えたが、結局は本格的に漫才の道へと進むことになった。

 繁子は「昭和会」を主宰していた座長の娘で、入団してきた一休と仲良くなり、結婚。夫婦仲良く巡業を続けてきたが、一九二九年頃、昭和会が(一休入団後、三年ほどして)解散したのをキッカケに、上京。伝手を求めて、浅草の帝京座に入った。

 だが、当時は東京漫才の認知度が著しく低かった事もあってか、帝京座にとどまる事なく、再び巡業に出ていった。長い巡業生活を経て、一九三四年九月、浅草に戻り、玉木座、帝京座と立て続けに出演。東京漫才の人気者として迎え入れられた。その後は松竹系の事務所に所属し、浅草を本拠地にした。

 芸名の通り、丸坊主で洒落っ気のある一休と達者な繁子による絶妙な掛け合いと一休の美声が売り物で、大空ヒットは「永田一休という人の声の出し方の上手さはひとしおものだった。もうこれ以上でないだろうと思うようなとき、それを突きぬけて高い音がスッーと出てくる。これは拍手ものだった」と『漫才七転び八起き』の中で絶賛している。その後も浅草を中心に舞台を務めている様子が確認できるが、一九三九年には一休は「一休・和尚」というコンビを組み直していることが、「近代歌舞伎年表京都篇 第十巻」で確認できる。

永田女一休・繁子

(引用 國學院大學 招魂と慰霊の系譜に関する基礎的研究

 また、一九四〇年に靖国神社で行われた「靖国慰霊祭」では、永田女一休・繁子という女性同士のコンビになっている。離婚したのか、死別したのかは定かではない。

 なお、一九八一年付の極楽寺の物故者名簿には夫婦仲良く(女一休も)名前が掲載されている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加