玉子家辰坊・八重子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

玉子家辰坊・八重子

 人 物

玉子家たまごや 辰坊たつぼう

 ・本 名 森 要次郎
 ・生没年 明治28年/1895年~昭和46年/1971年以降
 ・出身地 東京 麻布

玉子家たまごや 八重子やえこ

 ・本 名 森 八重子
 ・生没年 明治41年/1908年~昭和46年/1971年以降
 ・出身地 石川県

 来 歴

 直球に言うと、漫才師の活躍よりも子供たちの出世と活躍に恵まれ、名前を残した古老コンビである。長らく鍋屋横丁に住んでいた。

 四男四女という子宝に恵まれ、長女と次女は漫才コンビを組んで、「森信子・秀子」。後年、信子は落語家・三遊亭小圓馬と結婚し、夫婦となった。三女の百合子はダンサーから伝説のボクシングトレーナー、エディ・タウンゼントに嫁いだ人物。末の娘はジャズシンガーの森サカエーーと親孝行な子供たち揃いである。

 なので、漫才師の活動の記録よりも子供たちの資料の方が多く、その資料から断片的に面影を辿るという――思えば、思えば不思議なコンビであるが、尤も、キャリアの点だけでいえば古く、喜代駒染團治の次に来る創成期世代のメンツの一組と数えていいのではないだろうか。

 (更新中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加