朝日日出丸・日出夫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝日日出丸・日出夫

日出丸(右)・日出夫(左)

 人物

 朝日あさひ 日出丸ひでまる

 ・本 名 ??
 ・生没年 ??~昭和56年/1981年以前
 ・出身地 奈良県

 朝日あさひ 日出夫ひでお

 ・本 名 宮川 照夫
 ・生没年 ??~昭和35年/1960年頃?
 ・出身地 東京

 来歴

 古さだけで行けば、喜代駒、染団治に次ぐ東京漫才の先駆けの一組であり、昭和ひと桁でラジオ出演を遂げ、寄席や劇場にも進出したほどの人気者であったという。

 だが、その割には漠然としたことしか判っていない(特に戦後)ので、実に厄介な存在である。ここでは一応判明した事のみ、書き綴っていく。因みに朝日日の丸は、日出丸とよく似た名前をしているが、別人である(関係者らしいが)。

  ・漫才以前

 前歴が完全にハッキリしているわけではないものの、一応の情報は当時の新聞や雑誌から確認する事が出来る。

 日出丸は奈良県の名家の出身で、「都新聞」(1935年3月18日号)の中に、

色物界

 ジヤズ漫藝の朝日日出丸きのふ日比谷公會堂で日出夫と共に演藝大會を催したが、入場料の上り高の中から、會場費と、応援出演者の謝禮を引いて、残り全部を、彼の出身奈良縣の母校へと寄付することにしたのは感心な話だが、奈良の相當の家に生れた日出丸が、藝事が好きで家を飛び出し、今では勘當同然の身となつてゐたのが、今度の善行ですつかり實家でも喜び母校でも殊勝な卒業生を出したのを誇りにしてゐる有様、放蕩息子日出丸のメイセイ、俄然奈良に高まつたとは、目出度し目出度し

(「都新聞」1935年3月18日号 5頁)

 なる記事が確認できる。「母校」という所を見ると、当時の漫才師としては珍しくまずまずのインテリだった模様か。

 一方の日出夫の事はよく判っていないものの、東京生まれだったらしく、

「漫才銘々傳」(11) 朝日日出夫と同日出丸(上)

東京方の漫才で輝かしい存在の日出夫、日出丸も出身を洗ふと、日出夫は東京だが、日出丸は大阪だ

(「都新聞」1935年8月6日号 7頁)

 とある。日出丸は元々大阪にあった「助六」というカフェー(今ならばホストとでもいうべきか)の人気者として君臨しており、東京から流れてきた日出夫と意気投合して、上京。当地で中村種春の門下に入り、「中村種太郎・種次郎」という名前で漫才を組んだ――のが、事の発端である。

 このコンビが成立した顛末と苦行時代は上記の「漫才銘々傳」に詳しいので、少し長くなるが、上下ともに引用しておこう。これで日出丸・日出夫の前歴の説明は殆ど事足りると思われる。面倒くさければ飛ばしてください。

 まずは上の巻。

「漫才銘々傳」(11) 朝日日出夫と同日出丸(上)

東京方の漫才で輝かしい存在の日出夫、日出丸も出身を洗ふと、日出夫は東京だが、日出丸は大阪だ、日出丸は一昔前まで、東區(註・大阪市?)では一寸聞えた助六というカフェーの主人公だつた、そこへ東京から日出夫が落ちて行つて、一緒に仕事をするようになつたのが両人抑々の、といふ次第であるが、その漫才入の一席はまるで嘘みたいな話だ、両人気の會うにまかせて「どうせ何かやるならば花のお江戸だよ」テナ工合に志を立て、簡単に東京へ出てきた日出丸にしては何かウマい事があつたならやつてもいゝ、無けりゃ大阪へ帰ればもと/\なんだからといふ氣持ちだつたのだが、上京の際に知合いの神戸の興行師樋口某から當時浅草で第一館をやつてゐたその親類に宛た手紙を貰つて来た、ところがこの手紙が「かういふ二人が上京したら宜しく頼む」と至極簡単な上に、汽車から下りた二人を見ると、助六といふ文字の入つた派手なちりめんの浴衣姿だつたので、テツキリ漫才師と思ひ込んだ、興行師から興行師への手紙を持つて、服装がこれではさう思ひ込むのが當り前の話で、それで「師匠、いつから舞臺に出てくれます」と来た二人がいくら「さうぢゃない」と言つても「御冗談でせう」と背き入れない、そこで當時女流漫才で知られた中村種春が現れて「知らないなら私が教へて上げやう」と面喰らつてゐる二人にいろんな藝事を仕込み出した、日出丸は大阪時代に三味線を稽古に通つてゐたので、この方に苦勞はなかつたが、安来節に悩まされ、日出夫は先づ楽屋で太鼓ばかり太鼓ばかり叩かせられた、そしてこの上に「不如帰」といふのを教へて貰つて、やつとこれが物になりかゝつた頃に、二人は加藤瀧子、玉子家末丸の一座に入れられて、遠く北海道へ流されて行つた、その時二人は中村種春の一字をとつて種太郎種次郎といふ藝名だつた、最初に開けた小屋は函館の帝國館だつた、二人にとつて舞臺らしい舞臺はこゝが最初と言つていゝもので、客の顔が判らない位にブルブル顫へて、いとも怪しげな舞臺を見せたものだが、顫へるのにはもう一つ原因があつた、それはもう十一月近いといふのに、二人は舞臺も楽屋もたつた一枚のニコニコ絣の単衣で通してゐたからだつた、冬の訪れるのが早い北海道には、間もなく白いものがチラつくやうになつた

(「都新聞」1935年8月6日号 7頁)

 続いて、下の巻が次の日の紙面に掲載された。

「漫才銘々傳」(12) 朝日日出夫と同日出丸(下)

遠く離れた土地で、而も単衣姿で顫へてゐる所へやつて来た雪なんぞ、凡そ深刻以上のものがあつたらうが、その上に座長格の加藤瀧子といふのが、女だてらに人使いが荒かつたので、まことに憂き艱難を嘗めさせられた、白いものがチラつく中を、彼女はこの単衣着連中に「それ酒買つて来い」の「それ豆腐を買つて来い」のとやつたのだ、昨日まではカフエーの主人公だつたものとしては餘りに餘る今日の境涯だが、そのため日出丸は遂に腸を患つて寝ついてしまつた、相棒日出夫の悲嘆狼狽は言ふも更なりだが一座の玉子家末丸夫妻が迚も親切な人で、親身も及ばぬ位に面倒を見てくれたのでやつと息つくことが出来なt、夫はこの病氣は冷えが原因だから、先づ温めなければならないと、早速自分が肌に着けていた赤毛糸のシャツを脱いで着せてくれた、日出丸は生涯を通じて、この時程人の情けに泣いた事はないといふ、さればこそ、彼は、今舞臺に使ふ幼稚園の先生の時などにカブるあの珍妙な手製の鬘の芯には、このシャツが畳んで入れてあるのださうな、いゝ話ではないか、そして彼は末丸は既にこの世に無いが、せめて妻女に會つてその時の恩報じをしたいと機會ある侮に行方を探してゐる、さて日出丸の病氣も幸ひに癒り、それから小樽、札幌其他各地を巡り、それと同時に二人の藝もどうやら藝らしいものになつて、北海道で早くも四十餘日を経てゝ、すつかり冬になつた師走に、懐かしの東京に歸つて来た、四十日稼いでも、その収穫はやつと身體に着けるものが、単衣ではなくなつた位で上野に着いたら文字通り無一文といふ有様だつた、間もなく浅草の凌雲座に出るやうになつた、そしたら北海道の旅で嬉しくない扱ひをした加藤瀧子と顔を合せた、舞臺は瀧子がトリで、秀丸たちは中だつた、最初の日に「お前さん達が中だつて、フン」と瀧子が嘲笑をなげたので、二人は石に齧ぢりついても、この漫才で名を成さうと決心し合つたのだつた、そして相變わらず中村種春を師匠として精進していたが、その後大阪に地震があつた時に、久しく郷里を棄ててゐたので、これを機會に一度歸つて来たいと言つたのが、すでに一本立出来るやうになつた二人の獨立と師匠は見てとつてトタンにその間柄がマヅいものになりそんな事から日出丸は大阪にも歸れずと言つて種春の所にも居れず、二人は別れ別れに放浪生活に落ちて行つた、その後再び相會ふや、今度こそはどんな事があつてもこのコンビは割るまいと、誓ひ合ひ、この時三味線の日出丸に對し、日出夫は大枚一圓五十銭を投じて古道具屋よりヴァイオリンを求め、これを我流で弾き通したのが、二人の賣出した最初だ

(「都新聞」1935年8月7日号 7頁)

 ここで紹介されている玉子家末丸とは、荒川末丸の事ではないか。もしそうだとするならば、末丸は1935年以前に亡くなったものという仮説が成り立つ。

(更新中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. まつーら より:

    朝日日出夫の孫です。
    祖父の写真が見れて嬉しく思いました。