東ヤジロー・キタハチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東ヤジロー・キタハチ

右・キタハチ 左・ヤジロー

(引用 國學院大學 招魂と慰霊の系譜に関する基礎的研究

 人物

  あずま ヤジロー  

 ・本 名 鈴木 誠之  
 ・生没年 明治33年/1900年(逆算)~昭和30年代?(後述)  
 ・出身地 東京都

  あずま キタハチ (初代)  

 ・本 名 本田 浩一  
 ・生没年 明治39年/1906年~昭和18年/1943年出征、戦死?  
 ・出身地 長野県

 

  東 キタハチ (二代目)

 ・本 名 小林 宗太郎
 ・生没年 明治42年/1909年~?
 ・出身地 東京都

 来歴


リーガル千太・万吉、内海突破・一路、波多野栄一・浪花マンマルと共に「東京漫才四天王」として数えられ、戦前における東京漫才のリーダー的存在だったにもかかわらず、その素性がよく分かっていないコンビである。

 戦後の演芸ブームに乗れるだけの実力や人気がありながら、戦争という惨酷な運命に翻弄され、遂にその力を発揮しきれなかった。ある意味では悲劇的な漫才師だったのかもしれない。

 ・漫才以前

 結論から言うとこの二人の前歴はよく分かっていない。千太や波多野栄一の如く、自伝を書いたわけでもなく(千太は聞書きであるが)、内海突破、並木一路の両名のように映画俳優としても活躍し、俳優名鑑に記録を残したわけでもないので、圧倒的情報不足の状況である。

 その中で、玉川一郎の連載「よみうり演芸館」と、アサヒグラフに掲載された「漫才師告知板」の中には、僅かではあるが、その貴重な前歴が記されている。特に「よみうり演芸館」の方は、よく素性のわかっていない初代キタハチの事が記されていて、良い。

 ヤジロー・キタハチコンビは、吉本の専属時代、ゴールデン・バットのコンビで売っていたが、松竹のさん下にはせ参じた際、ヤジロー・キタハチと改名して声を高からしめたのであった。ヤジローは信州上田の劇場の電気部につとめていた男で、キタハチは同じく信州茅野(ちの)の料理屋のセガレ、この二人のイキのよさは、当時では群を抜いていた。

(「読売新聞 夕刊」1960年2月12日号 4頁)

  一方、「アサヒグラフ」の方には、二代目キタハチの事が記されている。二代目キタハチとコンビを組み直すのは、戦時中の事であるので、時系列ではないが、いちいちバラバラにするのも何なので、ここにまとめて記録しておこう。

東ヤジローさん(48)
東キタハチさん(39)

本名鈴木誠之(ヤジロー)小林宗太郎(キタハチ)御両人とも東京の生れ ヤジローさんは電氣学校を卒業して信州の発電所に勤務中たまたま芝居がかゝり照明の手傳を頼まれたのが機縁で喜劇役者に転向 昭和十年漫才に再転向 インテリ向漫才として賣り出した 趣味はヴァイオリンと物理学の勉強という変り種「目下スランプ中だが」今後は従来の型から抜け出して「科學精神を鼓吹していきたい」と大抱負 キタハチさんは四才で舞台を踏み少年曲藝をやつたが 中途でやめ中學校に入り四年中退後は「堅氣になろうとアレコレ商賣を変えてみたが」結局ものにならず二十三才でもとの舞台に戻り 漫才に転向したのが二十九才の時 以前からヤジローさんとコンビの初代キタハチ本田浩一氏出征後昭和十八年以来キタハチを名乗る

(「アサヒグラフ」1948年8月11日号 「漫才師告知板」)

 ヤジローとキタハチがどのようにして出会い、コンビを組んだのかは定かではないが、1935年頃、漫才に転向し、「ゴールデン・バット」(亭号不明)という名義で漫才師になる。当時は、吉本と契約を結び、専属芸人として活動していた模様である。

 (また折を見て、追記していきます)

 後年、東喜代駒の門下に参じ、「東ヤジロー・キタハチ」と改名。松竹芸能へと移籍し、後年、キングレコードの専属にもなった。軽快でテンポのいい掛合を得意とし、「エンタツ・アチャコ」と並べられるほどの活躍ぶりを見せた。

 しかし、戦況悪化に伴い、キタハチが出征してしまう。残されたヤジローは、一九四三年、曲芸師上りの「小林宗太郎」(一九〇九年~? 東京都出身)に二代目キタハチを名乗らせ、コンビ活動を再開。

 戦後も放送や漫才大会などに出演し、一応人気者としての地位は得ていたが、松浦善三郎「帝劇の関東漫才大會」という劇評で、

ヤジロー・キタハチは紺色の上衣がライトの加減で色が冴えずボヤケて見えて非常に損。袖のシワ、ズボンのシミ等衣裳に気に掛る点も二三あり。前の染団治が和服でキリッとした処であった丈に一層サムザムとした感じ。内容も何時もの通りで低調。特に勉強の気配も見えず、この日の最下位点数(十四分)。

(「アサヒ芸能新聞」1953年2月3週号 17頁)

 と、指摘されるように、往年の勢いは無くなりはじめており、徐々に萎縮を始めていた。

 一九五三年七月、ヤジローは病に倒れ、コンビ活動を停止。その時の記事が手元にあるので一部を引用しよう。

 東ヤジローは七月(註・1953年)に脳溢血で倒れたが、芸能人国民保険や生活保護による補助では医療費もまかないきれず、二ヵ月後に退院しいま自宅で加療中だが無収入による財政的困窮からさいきんは栄養分の注射も思うにまかせず、夫人と子供三人をかかえて生活苦にあえいでおり、今後最小限三ヶ月の休養も出来かねる状態になった。彼の舞台での相棒、東キダハチが司会などをやって幾分か援助していたがとうてい及びもつかず、同情した他の友人たちとも協力しての今回の救援公演になったのである。

(「アサヒ芸能新聞」1953年11月5週号 「笑い飛ばす漫才美談」)

 舞台復帰を目指したが、それもかなわず、そのまま一線を退き、亡くなった模様である。なお、初代のキタハチも復員後間もなく、肺病で亡くなったという。

 ヤジローが倒れた後、二代目キタハチは漫才こそ一線を退いたが、引退はせず、ヤジローの為にチャリティを行ったり、漫談学校に携わっていたという。源氏太郎氏の証言によると、「最後にあったのは昭和三十五年頃。物真似もやる達者な人だった」との事。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加