林家染次・染子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

林家染次・染子

 人 物

 林家はやしや 染次そめじ

 ・本 名 大崎 三松
 ・生没年 1906年(逆算)~昭和56年/1981年以前?
 ・出身地 

 林家はやしや 染子そめこ 

 ・本 名 大崎 ?
 ・生没年 ??~昭和56年/1981年以前?
 ・出身地 

 人 物

 古い漫才師であるが、染團治門下で夫婦漫才であったこと、戦前、東京吉本に所属し、わらわし隊に参加した事以外はよく判っていない。

 ハイカラな芸風だったらしく、波多野栄一の『寄席と色物』の中では「林家染次・染子 女房の腹のとこをたたくのが売物達者だった」と評されている。

 戦前の雑誌や吉本の名人会などに掲載記事、出演記録が出ていたりする所を見ると、人気は有った模様である。吉本所属は古く、一九三〇年代にはもう東京吉本の専属になっており、手元のメモには以下のようにある。

東京吉本直属技藝士一覧

漫才(順不同)


林家染団治・高山美貴子、千代田松緑・千代田わかば、都路繁子・立花六三郎、桂里子・桂文弥、玉子家光子・東亭花橘、河内家芳江・桂三五郎、河内家美代次・河内家文春、林家染次・染子、林實・町田武、西山奈美江・大倉壽賀若、松平漫謡隊(松平操?)、橘家菊春・橘家太郎一行

 また、戦時中はわらわし隊として、千代田松緑と共に南支へ派遣されている様子が、早坂隆の『戦地演芸慰問団「わらわし隊」の記録』よりうかがえる。

北支那慰問班

河内家美代次・文春、東亭花橘・玉子家光子、大利根太郎(曲師 吉沢団蔵)

中支那慰問班

桂金哉・金二、祇園千代子・砂川捨勝、木村小友(曲師・戸川大助)

南支那慰問班

千代田みどり・松緑、林家染子・染次、広沢小虎造(曲師・とし子)

艦隊慰問班

柳家千枝造・漫作、奥野イチロウ・竹本ジロウ、秋山右楽・左楽 浪花軒〆友(曲師・荒川文柳)、松平晃(アコーディオン・岡本豊久)

 (同著 348~9頁)

(註・資料の記録された当時の情勢や資料の引用上の関係から、支那と記しておりますが、決して差別を助長するものではありません。ご了承ください。)

 戦後も健在で活躍していたようで、「私のネタ帳 パートⅡ」などからその活躍ぶりがうかがえるが、『朝日新聞』(昭和二十六年五月十二日号)の中に

(註・五月)十一日夜八時四十五分ごろ台東区上車坂二五先で住所不定輪タク業者Kは酔って通行人江戸川区小岩町五ノ七三四漫才師林家染次こと大崎三松さん(四五)を転がし、巡視中の上野署員がとめると、今度は懐中からナイフを出して大崎さんの胸を二刺しした。Kは直ちに検挙されたが、大崎さんは一カ月の重傷

 『朝日新聞』(昭和二十六年五月十二日号)

 という記載がある。この事件が仇となったのか、それ以降、二人の消息は途絶えるようになる。なお、1981年にまとめられた極楽寺の名簿には両人共に名前が出ている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加