大津お萬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大津お萬

 人 物

大津おおつまん

 ・本 名 ??
 ・生没年 1900年代?~昭和43年/1968年以降
 ・出身地 東京?

 来 歴

 所謂古参の芸人ではあるものの、安来節、民謡、浪曲を経て、漫才となり、後年には歌謡浪曲や自らの一座を抱えて、各地を巡業していたという女親分風の芸人であったという。

 なので、漫才師としてのキャリアや人気は特筆すべき、というわけではない。が、多くの漫才師を輩出した以上はここに書かねばなるまい。そういう点では東喜代駒の来歴と似ているとも言えない事もない。

 ・漫才以前

 前歴は謎が多く、過去のラジオ欄や芸能欄(こういう所に芸人の経歴が載っていたりする)を見ても、未だに年齢も本名も割り出す事ができない。

 僅かであるが、真山恵介『寄席がき話』にその前歴らしきものが触れられている。

 歌謡浪曲の大津お万である。
 十五才のときから浅草公園できたえ上げた腕は、まさしく堂々たる大風格をなして、小さい寄席の舞台に彼女が現れると、何か圧倒されるように思える。

(中略)

浅草公園に民謡でデビューしたお万が、豊かなノドを認められ、立見二郎と浪曲漫才のコンビを結成、日本中はもとより朝鮮、満州をノシ歩いたのが十八才の時。

(真山恵介『寄席がき話』 108頁)

 昭和初頭は安来節(俗謡)や浪花節の物真似で何回かラジオに出演しているのが確認できる。当時から大津お万一座を持ち、女道楽(ショーと大喜利をあわせたような女だらけの一座)を得意としていた模様か。

 ・戦前と戦後

 戦時中は軍事慰問で活躍、戦後はアメリカやハワイなど、海外巡業にもでかけ、話題をさらったという。

 また、戦後は得意の浪曲を改良して歌謡浪曲も演じていた。アコーディオンは服部二三江、相三味線を山田千恵子という編成で、放送や舞台で活躍した、とのこと。

 晩年は歌謡浪曲をやる傍ら、漫才を続投し、色物として寄席に出演した。一九六八年、「大津小万・お万」名義で大須演芸場に出演しているのが確認できるが、そのあたりから消息がわからなくなる。
(随時更新します)

 芸 風

 お萬の売りは諸芸で鍛え上げた美声と男勝りの啖呵であった。以下は、漫画家で演芸に詳しい根本圭助氏に伺った話――

戦後、大津お萬の一行が松戸(註・根本さんは松戸市に疎開していた)に来た時に、大津お萬が観客の前で、「あたしの名前は花子だのなんだの女々しい名前じゃない! 国定忠治の妾、火の車のお萬と同じなんだ、お萬の下に子をつけてみろ!」

 と、放言したとの事。戦後とはいえ、まだ貞操概念が残っている中で、おまんの下にこを付けてみろ、とは凄まじい話ではないか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加