林家染太郎・染次郎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

林家染太郎・染次郎

 人 物

林家 染太郎

・本 名  崎本貞次郎
・生没年  ?〜昭和15年/1940年9月3日
・出身地  東京?

林家 染次郎

・本 名 ?
・生没年 ?〜昭和42年/1967年以前 (戦後)
・出身地 ?

 略 歴

染太郎は建築業を営む家に生まれたが、母親が清元延佐以と名乗る清元の師匠だった関係で、早くから後継者として、三味線や芸を仕込まれた。

 若くして都々逸大会や演芸会で名を成し、清元が取り持つ縁で芳松という女と結婚し、蓮池にあった芸妓屋の旦那となった。

 暫く、旦那をしながら清元の師匠をしていたが、芸人に憧れ、噺家に転向。旧知の文の家かしくを頼って、桂小文治に入門、「やの治」と名乗る。

 染次郎(染二郎名義もある)は、芝に生まれ、幼い頃から踊りを仕込まれる。後年、芸人を志し、十八、九歳頃に遠縁の三遊亭円橘(当時、柳亭芝楽)に入門、「柳亭栄楽」と名乗る。暫くして小文治門下に移籍。その前後で弟弟子として入ってきたのが染太郎であった。

 兄弟弟子として意気投合をした二人は鹿芝居や余興などコンビでやっていたが、桂小文治の勧めで漫才の真似事をはじめ、昭和初年に行われた名流演芸会での成功を機に、漫才に転向。

 しかし、染太郎の妻であった芳松は夫の漫才転向を快く思わず、離婚を遂げた(一方の染次郎の妻も向島の芸妓出身であったが、こちらは漫才転向に賛成したという)。

 その後、林家染団治と知り合い、入門。「染太郎・染次郎」と名乗った。染太郎の三味線と軽い話芸を身上とし、東京漫才創成期を彩った。

 また小文治の関係からか、芸術協会にも所属をし、寄席の色物としても活躍していた。この前後で、染太郎は崎本はると再婚し、浅草に居を構えた。

 昭和一〇年代まで第一線で活躍していたものの、一九三七年七月八日染太郎が応召され、コンビ解散。戦地を転々とした後、河北省で負傷、浜松陸軍病院へ入院。復帰することなく、応召から三年後の一九四〇年、日大病院で息を引き取った。

 残された染次郎は「小浪」という女性とコンビを組み直したものの、間もなく芸能界を離れ、戦後に亡くなったそうで、「染太郎の世界」の中にも、

染太郎は昭和十二年七月八日応召、河北省にて負傷、浜松陸軍病院入院、十五年九月三日、日大病院で永眠した。染次郎も戦後死んだ。

(『染太郎の世界』 226頁 常住郷太郎「坂口安吾と染太郎」)

 なる一文が掲載されている(この記事は1967年に発表されたものを再掲したものである)。

 残されたはる夫人はお好み焼き屋「染太郎」を開業。浅草通いの文化人や浅草の芸人たちに慕われた。今も浅草の老舗として営業を続けている。

 その染太郎を一躍有名にしたのは、高見順の「如何なる星の下に」であろう。浅草の人々や風俗、時代の流れを巧みにとらえた高見文学の傑作のひとつであるが、作中に、

私は火鉢の火が恋しくなった。「――そうだ。お好み焼屋へ行こう」
 本願寺の裏手の、軒並芸人の家だらけの田島町の一区画のなかに、私の行きつけのお好み焼屋がある。六区とは反対の方向であるそこへ、私は出かけて行った。
 そこは「お好み横町」と言われていた。角にレヴィウ役者の家があるその路地の入口は、人ひとりがやっと通れる細さで、その路地のなかに、普通のしもたやがお好み焼屋をやっているのが、三軒向い合っていた。その一軒の、森家惚太郎ほれたろうという漫才屋の細君が、ご亭主が出征したあとで開いたお好み焼屋が、私の行きつけの家であった。惚太郎という芸名をそのまま屋号にして「風流お好み焼――惚太郎」と書いてある玄関のガラス戸を開くと、狭い三和土たたきにさまざまのあまり上等でない下駄が足の踏み立て場のないくらいにつまっていた。

青空文庫「如何なる星の下に」より

 なる一節が出てくる。これはまぎれもなく染太郎の事である。

 高見順のほかにも坂口安吾や野坂昭如などにも愛された。坂口が急死する直前、東京最後の夜を過ごしたのは、この染太郎の一室であったという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加