浪花マンマル・浪花シカク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浪花マンマル・浪花シカク

 浪花 マンマル

 ・本 名 ??
 ・生没年 1900年~1960年代以降?
 ・出身地 関西?

 浪花 シカク

 ・本 名 ??
 ・生没年 ??~1960年代以降?
 ・出身地 関西?

 来歴

(また書き足していきます)

 浪花シカクは本名、生没年共に不詳。浪花マンマルも本名不詳、生年は、波多野栄一によると、自分より二つ上(栄一は1900年生まれ)だったという。

シカクは蝶鳥會という喜劇一座の出身で、マンマルは神戸高商出身というインテリ。

 元々二人は大阪の喜劇一座である喜楽座で役者をしていたが、昭和ひと桁台に漫才に転向し、上京。東京漫才の一員になる。

 時事ネタと大阪弁を駆使した知的な漫才を得意とし、JOAKなどの放送にも出演していた。

 1943年前後、一度コンビを解散し、マンマルはマンルイという相方とやっていたが、うまくいかず、その後、波多野栄一とコンビを組んで、東宝名人会を中心に出演した。波多野栄一によると、「リーガル千太・万吉、東ヤジロー・キタハチ、内海突破・並木一路、浪花マンマル・波多野栄一」は、「東京漫才の四天王」だったという。

 だが、終戦の動乱でこのコンビも別れ、マンマルは大阪へ戻っていったという。戦後、またカムバックしたのか、他人とコンビを組み直したのかはっきりとはしないが、1956年頃までシカク・マンマルのコンビをやっていたようである。その後の消息はわからない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加