浪花マンマル・浪花シカク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浪花マンマル・浪花シカク

シカク(右)・マンマル(左)

 

 人 物

 浪花なにわ マンマル

 ・本 名 ??
 ・生没年 1900年~1960年代以降?
 ・出身地 関西?

 浪花なにわ シカク

 ・本 名 ??
 ・生没年 1880年代?~1960年代以降?
 ・出身地 関西?

 来歴

 戦前の人気漫才の一組で、その活躍ぶりは千太・万吉、ヤジローキタハチ等に迫るものがあった、という。波多野栄一の自伝「僕の人生百面相」によると、

リーガル千太・万吉
内海突破・並木一路
東ヤジロー・キタハチ
浪花マンマル・シカク(栄一はマンマル・栄一にしているが)

 の四組が、「東京漫才の四天王」だったそうである。

 しかし、その人気の割には、余り情報は多くなく、シカクは本名、生没年共に不詳。浪花マンマルも本名不詳、生年は、波多野栄一によると、自分より二つ上(栄一は1900年生まれ)だったという。

 ・漫才以前

 それでも新聞や雑誌に逸文は残されているので、それを基につらつらと書いていくことにしよう。

 二人の経歴に関して、数少ない手がかりとなるのが「都新聞」(1935年8月10、11日号)に掲載された「漫才銘々傳」である。小さな連載記事ながら、当時の漫才師の経歴が面白おかしく扱われており、シカク・マンマル以外にも、千代田松緑・都路繁子、前田勝之助・隆の家百々龍などの面々が揃っている。

 まずは、マンマルについてである。

浪花シカクと同マンマル(上)

 マンマルといふのはマルマルと肥つてゐるから、シカクといふのは何となく角張つた顔をしてゐるから、といふ事になると、この藝名の由来至極簡単といふ次第だが、藝名は簡単でも、そのうちの一人の経歴といふのが中々簡単ではない、マンマルがそれで、彼氏ソウトウの學校を出てゐる西のヱンタツが、その籍を置いた関西大學の名を出す事を嫌がつたやうに、マンマルも「それだけはなるべく」と澁ったが勘弁してもらつてブチまけると神戸高商の出身だ、そして卒業してから外人の経営してゐた貿易商會に、二年間もスマートな社員生活をやってゐる、彼が舞臺で、見物と共に、相手のシカクまでを煙に捲いてゐる、あの早口のイングリッシュは、この時代の所産だ

(中略 芸事好きで学業そっちのけだったとの事)

 さて転向の第一段階は喜劇俳優でその一座は田宮貞楽、こゝで松尾眞楽と名乗つてズツとゐた、漫才屋に転向したのは去年だが、當時の相手役は今のシカクではない、ところが簡単に考へて転向した漫才だったが、さて舞臺に立つて見ると、思つたやうに行かず、最初はあの大きな圖體に「引ッ込め」「引ッ込め」を盛んに喰つたものだった、それがこの春からシカクと組むに至つて俄然受けるやうになつたのだが、そのシカクだつて、他の世界での経験は豊でも、漫才の方は開業したばかりなのだから、舞臺で受ける事とは全く判らないものだ

「都新聞」(1935年8月10日号 7頁)

 当時としてはエリートのマンマル。これだけでも変わっているが、相棒のシカクはもっと変わっている。翌日に出された続きに詳細が記されている。

浪花シカクと同マンマル(下)

漫才の前身に喜劇俳優は多いがありさうで餘り無いのが幇間だ ところがシカクは前に喜劇俳優でもあり、幇間稼業の經驗も豊に持つてゐる、それから興行屋も、その他いろんな事をやつた、振出しは京都の呉服問屋の店員、こゝで何年か勤めた二十一の年に曾我廼家喜劇を見て忽ち心を動かされ、トタンに轉向を決意して、店を飛び出したが、飛び出す方は簡単に飛び出し得ても、入る方は簡単に入れず、やつと念願叶つて曾我廼家満蝶を名乗るやうになるまで、うどん屋の出前持ちをやつたり、相當辛酸をナメたものだとある、最初は五郎、十郎がやつてゐた蝶鳥會といふのに入つて稼いでゐたが、そのうち呉の平ち虎、十次郎、一二三の一座に元の満蝶で入つた、併し何時までこんな事をしてゐても仕様がないと一年餘りで飛び出して、自分でまた興行をやつて見たが、する事爲す事失敗ばかりで又も苦労のし續けだつた、かうして思い切つて漫才屋になつたのが、やつと今年の春の事で松竹座が初の檜舞臺であり、且出世舞臺だつた、相棒のマンマルは以前からやつてゐた、最初はさらに受けなかつたのが、この漫才に掛けては全くの素人のシカクと結んでから、トタンに賣出した、となると、漫才とそのコンビの關係には凡そ不思議なものがあるといふ事にもならうか

「都新聞」(1935年8月11日号 7頁)

 と、まあこんな具合であるから世の中は判らないものである。

 ・東京漫才の人気者

 上記にも記したように1935年春、マンマル・シカクのコンビを結成。松竹系の芸能社である静家興行社の専属となり、活躍。時事ネタと大阪弁を駆使した知的な漫才を得意とし、浅草の舞台の他、JOAK(現在のNHK)などの放送にも出演していた。

 1943年前後、一度コンビを解散し、マンマルはマンルイという相方とやっていたが、うまくいかず、その後、波多野栄一とコンビを組んで、東宝名人会を中心に出演した。

 だが、終戦の動乱でこのコンビも別れ、マンマルは大阪へ戻っていったという。戦後、またカムバックしたのか、他人とコンビを組み直したのかはっきりとはしないが、1956年以降までシカク・マンマルのコンビをやっていたようである。その後の消息はわからない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加