橘エンジロ・宮川美智子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

橘エンジロ・宮川美智子

 

人 物

たちばな エンジロ

・本 名 斎藤 久七
・生没年 1898年4月14日~1976年5月10日 
・出身地 埼玉県 比企郡

宮川みやかわ 美智子みちこ

・本 名 斎藤 千代菊
・生没年 明治41年/1908年11月30日~没
・出身地 北海道

 来 歴

 エンジロは埼玉の郊外に生まれる。片田舎の出身ゆえか、生活は決していいものではなかったらしく、幼い頃は相当の苦労を重ねたという。

 苦労を重ねた末に都会に出、職を転々としたそうであるが、二十歳ごろ、芸能界入り。初めは噺家で、「橘円次郎」と名乗っていた。師匠は明らかではないが、後述する都々逸仲間やエンジロの甥によると、橘ノ圓かその関係者ではないか、との事。もしそうだとするならば、圓の門下からは優秀な漫才師が多く旅立っていることとなる。

 若い頃より落語よりも都々逸や作詞の方面に才能を示し、柳家三亀松の「新婚箱根一夜」をはじめとする都々逸の文句を提供していたそうで、柳家三亀松の自伝『御存じ三亀松色ざんげ』の中にも、

 少し話が古くなるが、わたしの一番はじめのレコードに「新婚箱根の一夜」ってのがあるでしょう。
 アレをつくったとき、漫才の橘エンジロ(はじめ落語で橘円次郎。現・亀屋忠兵衛)と、それに、ボクの一番古い弟子だった三亀夫(柳家三亀夫)てえのを連れて、箱根の環翠楼へ行った。あれは大正から昭和にかわることじゃァなかったかな。浴衣がけで出かけたから、夏だったね。
わしらみたいな客もいるが、新婚旅行の客も多いや。シンネコで風呂へはいったりしてるでしょう。みんなで座敷へ寝っころがって、助平なことなんぞいってるうちに、あのネタが、自然に出来ちまったんだね。

(『御存じ三亀松色ざんげ』 84頁)

 と、いう記載がある。暫く三亀松の座付き作家をしながら噺家業をやっていたようであるが、間もなく見切りをつけて漫才に転向した模様か。

 美智子は北海道の生まれで、元は家事手伝いをしていたそうであるが、上京し、剣劇一座に入ったのが芸界入りのキッカケ。後年、エンジロと結婚し、夫婦漫才となるが、コンビ結成年は不詳。

 主に浅草を拠点に活動し、木馬館や浅草の諸劇場で淡々と舞台を勤めていた。漫才研究会設立にも関与したが、1955年設立当時は参加しておらず、不思議な関係のまま、関与をし続けたという。

 晩年は浅草の「みどり荘」というアパートに暮らし、一時はその一階を借りて、「しぐれ」というバーを開業。主に美智子と娘が切り盛りをしていたそうで、エンジロは都々逸へと打ち込んだ。娘の一人は橘蔦枝という名で芸界にいたが、後年、ホノルルへと移住した。

 前述の通り、エンジロは漫才よりも都々逸や作詞の才能があり、「亀屋忠兵衛」という筆名で、先述の三亀松の都々逸提供のほか、浅草の「しぐれ吟社」「情歌二六会」の運営や「忠連」なる弟子のグループを作り、都々逸界隈の指導者として活躍。多くの人から尊敬を集め、高い評価を受けた。

 弟子には鳶頭や旦那も居たそうで、晩年の一九六七年には都々逸を記念する「都々逸塚」を浅草の弁天山に設置し、その揮毫も行った。この都々逸塚は長らく弁天山の麓にあったが、先年の改修工事で移動した模様か。

 三亀松に提供した都々逸として有名なのは、

あたしゃ深川荒浜育ち、貝の柱に牡蠣の屋根、あだな浅蜊と添うよりもやっぱりあなたの青柳がいい

三日待っては思案の半ば ちょっと待ってはいい証拠

ちょっとした意地っ張りだが泪にもろく 一皮むいたら意気地なし

浮かぬ顔して 下うつむいて どうすりゃ気がすむアマノジャク

添うも添わぬも二人の気持ち 他人の世話にはならぬ意地

このことは立川談志も『談志楽屋噺』の中で触れており、

♪あたしゃ深川荒浜育ち、ここで清元、♪貝の柱に牡蠣の屋根、あだな浅蜊と添うよりも……都々逸になって、♪やっぱりーあなたのー青柳がいい
 これは音曲師がよくやる文句で、池之端の師匠こと柳家三亀松も唄った。この三亀松の都々逸やさのさの文句は、橘エンジローさんが多くつくったというのを、エンジローさん当人からきいた。

(立川談志『談志楽屋噺』103頁)

 と、言っている。

 また、純粋な代表作は『下町』という歌集の中に収められており、現在でも読むことができる。ここでは管理人お気に入りのものをいくつか並べておくことにする。

このまま死んでもいい極楽の夢を埋める雨の音

十二階影を落して江川ののぼりゆれる瓢箪池の面

海のひろさは男のこころ波はをんなの小さな胸

呉越同舟めでたく酔って無事に別れる春の宴

夢でもめつたに逢へない人とほんとに出会つた曲り角

独りぼつちの炬燵と知らず降るかしづかに春の雪

投げた銀貨の出たとこ勝負買って見る気のうらおもて

青い備後にプツリと音を立てて春呼ぶ畳針

流れ一と筋道ひとすじの侘しさを行く旅がらす

あの頃は苦労しました泣かされました誰に語らふすべもなく

堅くちかつたこころの鍵はあなたにあづけてその日まで

男後生楽お天と様に申訳ないことばかり

待ってましたハ今出た言葉焦れてましたはさっきから

おなじ十九の初恋だつたそして綺麗な恋だつた

開く蛇の目が柳の雨に濡れて寄り添ふ肩と肩

二枚合はせてチョキンと切った切符へのどかな里の春

所詮は悟れぬ観音さまの亡者で恋住む六区の灯

のり巻きひと折り子の遠足の夢へととけ込む枕もと

柳さくらに祇園の塔もかすむ夜となる先斗町

地から湯の湧く月漏る宿にらしいとらしいの二人連れ

後のまつりと言ふだけ野暮さこれが浮世と云ふものさ

 なんとも、粋でこざっぱりとしながらも、不思議な愛嬌と哀愁を漂わせる――江戸好みの風情があって素晴らしい作品群である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加