漫才師 ミの部

東京漫才を彩った人々

美奈登小雪・艶子

美奈登小雪・艶子は戦前戦後活躍した女流漫才。元は港家小雪・艶子という名前で活躍していた。小雪は日本を代表する名歌手・三波春夫の愛妻であり、プロデューサー。そして三波豊和、美夕紀の母親として知られている。
漫才師 タの部

玉松サチ子・ミスワカミ

玉松サチ子・ミスワカミは戦後活躍した女流漫才師。「玉松」「ミス」の亭号の通り、関西のミスワカナ・玉松一郎の弟子であったという。実力はあったというが、よく判らない点が多い。 
東京漫才を彩った人々

宮田洋容・布地由起江

宮田洋容・布地由起江は戦後活躍した漫才師。男女コンビであるが夫婦ではない。オペレッタ漫才なる音楽入りの漫才を展開し、テレビラジオの寵児となった。洋容は漫才研究会の理事や東京漫才協会の会長として東京漫才の発展に関与し、由起江は後年ふじゆきえと改名し、落語協会系の定席に出演していた。 
漫才師 ア行

Wけんじ(東けんじ・宮城けんじ)

Wけんじ(東けんじ・宮城けんじ)は戦後活躍した漫才師。ロイド眼鏡をかけた東けんじとメリハリのある宮城けんじの対比、「やんなっ」「おー!」などのギャグで、東京漫才会を長らく牽制。爆笑王として迎え入れられたスター級の漫才師であった。 
東京漫才を彩った人々

南道郎・国友昭二

南道郎・国友昭二は戦後に一世を風靡した漫才師。「学生漫才」「ステッキなコンビ」と銘打ち、にぎやかで達者な話芸でコロムビアトップ・ライトと共に一時代を築いた。南道郎は、俳優としても活躍し、多くの喜劇映画、戦争映画に出演。小心者で厭味ったらしい上官役や軍曹役などで大当たりをとった。
東京漫才を彩った人々

美田朝刊・夕刊

美田朝刊・夕刊は戦後活躍した漫才師。コンビ名の由来は「見た朝刊・夕刊」というしゃれである。時事漫才と物まねを得意とした。夕刊は後年独立し、拝啓介の名前で声帯模写や司会者としても活躍した。
漫才師 ア行

大空ヒット・三空ますみ

大空ヒット・三空ますみとは、昭和を代表する漫才師の一組。時事漫才を得意とし、「大空」を一代で漫才の名門へと育て上げた他、漫才研究会の名理事として東京漫才の発展に寄与した。
漫才師 タの部

大朝家美代子・三枡静代と日の本光子

大朝家美代子・三枡静代と日の本光子は戦後活躍した漫才師。三人とも50年以上の芸歴を誇り、晩年は漫才界の長老として、矍鑠と活躍を続けていた。大朝家美代子は台所漫才を得意とし、これを売り物とした。日の本光子はダーク大和の晩年の妻でもあった。 
東京漫才を彩った人々

港家柳歌・おふね

港家柳歌・おふねは戦前~戦後に活躍した夫婦の漫才師である。団子の曲食いという珍芸と浪花節を得意としたという。柳歌の死後、おふねは子供とコンビを組み、親子漫才に転向した。 
漫才師 タの部

橘エンジロ・宮川美智子

漫才師というよりも粋人として鳴らした特異な漫才師であった。漫才以外で才能を発揮する○○系芸人の魁と言えよう。エンジロは亀屋忠兵衛のペンネームで多くの都々逸を作成し、都々逸文化の向上と発展に寄与した。長らく「しぐれ吟社」に属し、多くの門弟を育てた事も特筆すべき事項であろう。
漫才師 カの部

香島ラッキー・御園セブン

香島ラッキー・御園セブンは東京漫才にとどまらず、戦前を代表する名コンビの一組。映画やラジオ出演の先駆けを作った漫才師の一組でもある。吉本と新興演芸部の対立を作った芸能史を語るうえでも欠かせないキーパーソンでもある。 
東京漫才を彩った人々

都家福丸・香津代

都家福丸・香津代は戦前に活躍した夫婦漫才師。女性優位の漫才で人気を博した。福丸没後、香津代は都家かつ江と改名し、毒舌と愛嬌を振りまく三味線漫談と、独特の味を見せる女優として八面六臂の大活躍を遂げた。
東京漫才を彩った人々

宮島一歩・三国道雄

宮島一歩・三国道雄は戦前戦後に活躍した漫才師。大柄の道雄と二枚目の一歩の取り合わせ、独特の間と話術を武器にしたしゃべくり漫才で人気があった。 
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました