隆の家栄龍・万龍

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

隆の家栄龍・万龍

栄龍(右)・万龍(左)

 人 物

 たか 万龍まんりゅう

・本 名 佐藤 由乃
・生没年 1911年9月6日?(10月3日?)~1975年2月9日
・出身地 新潟県

 たか 栄龍えいりゅう

・本 名 伊藤 三江子(旧姓・飯田)
・生没年 1924年2月25日~1994年頃?
・出身地 千葉県

 来 歴

 万龍は新潟の豪農の家に生まれ。宮村小学校卒業後、芸事好きの父親が「隆の家興行」を興した事がキッカケとなり、デビュー。若い頃は、美しい看板娘として、全国を巡業していた、という。ただ、その出自のせいか、誕生日がはっきりとしていない。

 1930年頃、ある劇場で舞台が空いた時に即興漫才をやり、それが大受けだったことに自信を持ち、漫才に転向。その前後で浪曲師もやっていたようで、芝清之編纂の『東西浪曲師名鑑』の内、前田勝之助(百々龍の夫)の項目に、

万竜(東家女燕山)、千竜(東家燕嬢)、百々竜(東家山子)という浪曲三姉妹……

 なる記述があり、また万龍本人は、

 最初私が十代で舞台を踏んでいた頃は「東家みどり」という名でした。その後「東家燕奴」と名乗り(女だてらに浪曲や剣劇を取り入れて)大いに高座で、女流漫才を暴れていた……

(『郵政』1964年1月新春号)

 と、証言している。父の名である「隆治」と「隆盛」を誇れる芸人になれるよう一文字拝借し、三姉妹揃って「隆の家」と改名した。

 戦前は妻の家妻吉とコンビを組み、女性同士の漫才師として人気を集めた。新興演芸部にも所属していたこともある。

 然し、戦中に妻吉が蒸発し、失踪。戦前戦後の一時期、万龍は山路はるみ――十返舎菊次と組んでいた事もあった。

 栄龍は万龍の夫、佐藤康成――元々は豊年斎梅坊主の弟子で岩松といった――の連れ子で、幼少期は康成の実家である千葉で過ごした。

 ここには面白い逸話が残っている。

 変り種では、母娘漫才で売っている隆の家万竜がいる。三人姉妹の長女なので、婿を迎え、興行師の父を助けて、千竜、百竜の妹と共に舞台を踏んだが、四つ木の小屋で興行した際、漫才師が時間に遅れて来ない。急場を救うために万竜さんが代って出たのが、漫才を始めた動機で、当時二十四歳だった万竜は、子供も出来そうもなかったから、婿の康成さんに養子を相談した。

 ところが康成さんは、一向耳を傾けない。傾けないのも道理。康成さんには千葉の実家で老父母が育てている先妻の娘があったので、ある日、その娘がひょっこり訪ねてきた。

「始めまして、おっかさん」と挨拶されて万竜はおどろいた。「あんた結婚の時、和紙は童貞じゃと言ったじゃないの。童貞で子供が生れんの」と言えば、康成さんもすかさず「そやかて、マリヤさんみい。処女で子を生んだやないか」万事はそれでけりになったというから、いかにも漫才式。ところがこの娘が大変な代物で「おっかさん、あたしも舞台に出る」と、自ら進んで万竜の相手を買い、今では万竜、栄竜の水入らずコンビとなったというわけ。

『別冊週刊サンケイ』(1958年7月号)111頁

 ただ、これは面白おかしく脚色している感がある。上京後、義母である万龍と暮らすようになったが、二人の関係は大変良好で我が子同然に育てられた。

 因みに栄龍には、飯田音次郎という兄がおり、この人は千葉の松戸に住んでいた。奥さんはSKDの踊り子だったとか何とか、そんな話を嘗て一緒のアパートに住んでいた漫画家の根本圭助氏より伺った事がある。

 幼い頃、母親に芸人になる事を宣言し、早くから芸の修行を続けた。戦時中、隆の家一座にいた隆の家錦龍(琵琶錦心流の師匠だった)とコンビを組んで初舞台を踏む。

 1945年秋、母娘漫才を結成。万龍の豪快で男勝りの話芸とハスキーボイス、栄龍の美貌で瞬く間に人気を集め、ラジオなどに出演。東京漫才のスターとして君臨した。

 1955年の漫才研究会の設立にも関与したが、同年、栄龍の結婚の為、コンビ活動を休止。万龍は椿一龍や金龍とコンビを組み直したが、漫才研究会分裂の折に東京漫才協会に移籍。

 その後、栄龍は結婚し、一時期舞台を退いた。関係者の話によると、結婚相手はサラリーマンで、「宝石や装飾関係の人だと記憶した居りますが」。後年、現在の松旭斎美智氏を養子にとった。

 晩年は機会があるとコンビを復活させていたが、完全復活には至らず、いつの間にかフェードアウトしてしまった。万龍は高円寺で夫と共に暮らしていたが、1975年に死去。万龍の没年は『著作権台帳』(第十七版)に有る。

 相方であり母を失った栄龍は舞台を退き、市井の人となった。娘の美智との関係はまずまずだったそうで、晩年まで娘の舞台を見に来ていたという。清水一朗氏曰く、「昔、国立演芸場に行ったら、美智に母が来ている、と言われて紹介されたことがある。白髪の品のいい老婆だったが、思えばあれが栄龍さんだったんじゃないのかね」。

 栄龍の没年は、美智氏から伺った事だが、ハッキリとしたことは判らない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加