松尾六郎・敷島和歌子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松尾六郎・敷島和歌子

 人物

松尾 六郎 まつお ろくろう

・本 名 ??
・生没年 明治十年代?~戦前?(1976年時点で死去)
・出身地 関西?

敷島しきしま 和歌子わかこ

・本 名 ??
・生没年 ??~??
・出身地 ??

来歴
 

 東京漫才が出来る以前から漫才をやっていたという古老中の古老のような存在で、波多野栄一に「漫才界の大先輩」とまで言わしめる程であったが、如何せん資料がない。

 それでも、夫婦漫才であった事と、古い形の漫才をやっていた事は判明している。

 このコンビを偲ぶ一番の資料は、昭和13年に発行された「漫才家懇談会」(日本文化協会)だろうか。この本は国策と漫才との方向性を模索し、国家への協力を示す為に催された懇談会の様子を速記にしてまとめたものであるが、その中に僅かながらとはいえ、松尾六郎の発言がある。これが実に貴重な証言である。

 私は古い方で明治三十何年からこの方で食はせて貰つて居りますが、何しろ學問も何もありませんので……若手の人は皆頭も良いし、又本席列席の方に帝都漫才の役員の方々も居られるが、私は食へんが悲しさに漫才をやつて居る方で……私はずつとエロ専門になつて居ります。この間も大森で、お巡りさんの而も偉い人ばかりの前でやりましたが、實際よくやりました。却つてお褒めの言葉を戴きました。今迄よくやつたが、かういふ面白いことをやつたのは君が初めてだと褒められました。兎に角私は頭がないですから……そのくせ今迄御上の御注意を受けた事がありません。兎に角巧く仕抜いて居ります。お巡りさんが来ますとスパット遁げますから……それは巧いです。(笑聲)實際打明けた話がさうです。大體武術の方が専門で、家内を相手に萬成座に勤めさして貰って居ります。まあいろ/\なことはお若い歴々の方が居られるから私は一つ御勘辯の程を……

(「漫才家懇談会」35~36頁)

 この証言を信じるならば、そのキャリアの長さは砂川捨丸などと並ぶほどである。明治30年代頃はまだ、円辰や順若などが現役で、「萬歳芝居」などと称して興行を打っていた時分であった。そんな事を踏まえると、その古さがよくわかるであろう。

 しかし、それ以外は、どういう活動をしていたのか、何をしていたのか、よく分かっていない。が、昭和18年の帝都漫才協団の役員としても出ていないので、この頃にはもう没していたか、一線を退いていた可能性がある。

 また、昭和51年に作られた極楽寺の芸人名簿に、松尾六郎の名前が載っている。そこに名が記されたという事は、それ以前に亡くなっているという証拠にはなるものの、いつ亡くなったかまでは推定できない。

  芸風

 波多野栄一によると、剣舞が得意だったようで、

剣舞をやる漫才で漫才界の大先輩

(波多野栄一「寄席といろもの」)

 と、記している。なお、文中の萬成座とは、女剣戟やレビューが盛んに行われていた浅草の劇場の一つであった。女剣戟は立ち廻りを眼目とするので、剣舞を看板にしたのもうなずけるような気がする。

 また、上記の証言の中にもあるように掛合や下ネタなど、所謂、古風なネタを中心にやっていたようである。それ以上は分からない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加