漫才師 オの部

「オ」からはじまる漫才師です。

漫才師 ア行

大空平路・橘凡路

戦後活躍した漫才師。大空ヒット門弟と、橘エンジロ門弟という他門同士の異色のコンビであった。眼鏡をかけてガリ痩せでヌーボーとしたボケを放つ凡路と、ちょっと二枚目でチャキチャキして器用な平路の対比で、戦後の東京漫才を牽制したものの、早くに別れた。平路はコンビ解消後に畦元直彦とコンビを組みなおした。 
漫才師 ア行

大江笙子・京美智子

大江笙子・京美智子は、戦前戦後活躍した姉妹コンビ。落語協会に所属し、美智子がアコーディオン、笙子が三味線を持って、歌い踊る音曲漫才で人気があった。大江笙子の娘の夫は、昭和に活躍した三遊亭円之助、その倅は先日物故した三遊亭小円朝である。笙子は晩年おはやしに転向した。
漫才師 ア行

シャンバロー(柳四郎・岡三郎・邦一郎)

シャンバロー(柳四郎・岡三郎・邦一郎)は戦後活躍した歌謡漫談の一組である。岡と柳は長唄出身という変わり種で、邦楽をベースにした独特の演奏技術やとぼけた味で売れに売れた。長らく落語芸術協会に所属し、寄席の看板としても活躍した。岡三郎の孫娘は、池田有希子である。 
漫才師 ア行

玉松ジロー・大国三歩

玉松ジロー・大国三歩は戦後活躍した漫才師。玉松ジローは、「玉松」の屋号の通り、伝説の夫婦漫才「玉松一郎・ミスワカナ」の弟子である。大空ヒットとコンビを組んでやっていたことがある。 
漫才師 ア行

大津万由美・万之助

大津万由美・万之助は戦前・戦後に活躍した夫婦漫才師。大津お萬の弟子で、剣劇漫才を得意としたという。主に余興や巡業で活躍した。
漫才師 ア行

太田家五郎・初江

太田家五郎・初江は戦前戦後に活躍した夫婦漫才師。五郎は剣舞が得意で、これを舞台で披露するという独特の漫才を展開した。主に浅草の劇場を拠点として活躍した模様。 
東京漫才を彩った人々

大空はるか・かなた(横山あきおとケーシー高峰)

大空はるか・かなたは一九五〇年代に活躍した漫才師である。大空ヒットの門弟で、学生風の漫才師として、スマートな芸風で人気を集めたものの、数年で解散。はるかはケーシー高峰、かなたは横山あきおと名前を変えて活躍した。 
漫才師 ア行

大津一万・万龍

大津一万・万龍は戦前に活躍した夫婦漫才師。万龍は後年大朝家美代子とコンビを組み、一万は村田英雄事務所の番頭として活躍した。
漫才師 ア行

大空ヒット・三空ますみ

大空ヒット・三空ますみとは、昭和を代表する漫才師の一組。時事漫才を得意とし、「大空」を一代で漫才の名門へと育て上げた他、漫才研究会の名理事として東京漫才の発展に寄与した。
漫才師 ア行

大津小万・大津小百合

大津小万・大津小百合とは戦後に活躍した女流漫才である。共に大津お萬の門下生同士で結成された模様である。三味線漫才を主体とした女流コンビであったが、判らないことが多い。小萬はお萬の惣領弟子のような存在であった。
漫才師 ア行

大江笙子・大江しげる

大江笙子・大江しげるは戦前に活躍した夫婦漫才師。戦後、大江笙子は妹の京美智子やリーガル千太とコンビを組んで活躍。大江茂はバイオリン漫談に転向し、古き良き書生節の演奏者として、昭和末期まで活躍をつづけた。 
漫才師 ア行

大津お萬

大津お萬は戦前・戦後に活躍した漫才師。安来節の出身で、豪快な舞台を得意とした。余技として浪曲を得意とし、歌謡浪曲の先駆けを作った一人として、評価されるべき人材ではある。
漫才師 ア行

大津検花奴・菊川時之助

大津検花奴・菊川時之助は戦前戦後に活躍した漫才師。花奴は、安来節の人気歌手としても活躍をつづけた。曲芸や安来節を取り入れた芸尽くしの漫才で、東京漫才の人気者の一組として君臨した。
タイトルとURLをコピーしました