漫才師 サ行

漫才師 サの部

太平洋子・三升小粒

太平洋子・三升小粒は、高度経済成長期に活躍した漫才師。100キロ近い大女の太平洋子と小柄でヒョロヒョロの小粒との対比で人気を集め、落語協会系の寄席で活躍した。太平洋子はおデブタレントの先駆けとして活躍したが夭折。三升小粒は後年、「林家ライス」と改名し、妻の「カレー子」と共に環境漫才やいじめ防止漫才などを開拓した。
東京漫才を彩った人々

スイングボーイズ(人見明・久呂須敏・荒井弥太・西八郎)

スイングボーイズ(人見明・久呂須敏・荒井弥太・西八郎)は、戦後活躍した歌謡漫談グループの一組。人見明はクレイジーキャッツや植木等の映画、男はつらいよ、などといった喜劇映画に出演。喜劇俳優としても名を成したのは有名な話である。 
漫才師 ア行

酔月楼とり三・唄の家なり駒

酔月楼とり三・唄の家なり駒は戦前活躍した漫才師。関西弁と標準語のイントネーションの違いで漫才をやるという不思議な芸の持ち主であった。とり三の姪が春風亭枝雀の妻に当たる。  
東京漫才を彩った人々

獅子てんや・瀬戸わんや

獅子てんや・瀬戸わんやは、戦後に活躍した東京の漫才師。整然として品のいい漫才と凸凹コンビの取り合わせ、『なんでいったの』『ぴよこちゃん』などの当たりネタで、多くの漫才師や後進に影響を与えた。 
東京漫才を彩った人々

曾我廼家祐十郎

曾我廼家祐十郎は戦前を代表する兵隊万才の大御所。兵隊コントの先駆けのような舞台を展開。少人数で、兵隊生活の悲喜劇をつづった作品で、浅草を中心に広い人気を集めた。
東京漫才を彩った人々

曾我廼家童三

曾我廼家童三は東京漫才の初期に活躍した漫才師。戦前人気を博した兵隊漫才の先駆けの一組でもある。元々は曾我廼家喜劇の座員のひとりで、喜劇役者として活動をしていたが、肺病のために夭折した。
漫才師 ア行

東家市丸・砂川捨奴

東家市丸・砂川捨奴は戦前活躍した漫才師。浪曲漫才を得意とした。夫婦ではない。元々は関西系の漫才師だったという。砂川捨奴は、上方漫才の大御所、砂川捨丸の弟子であった。
漫才師 ア行

笑福亭茶福呂・秋野華枝

笑福亭茶福呂・秋野華枝は東京漫才の創成期に活躍した一組。夫婦漫才であったという。茶福呂の前歴は殆ど謎に包まれている。が、笑福亭と名乗っている所から上方落語の出身だった模様。昭和初期から戦後まで30年近くにわたって活動を続けた。
漫才師 サの部

坂野比呂志・小林美津子と坂野比呂恵

坂野比呂志・小林美津子と坂野比呂恵は戦前に活躍した夫婦漫才師。複雑な三角関係を形成した。坂野比呂志は漫才から足を洗った後は、大道芸漫談に転向。芸術祭を受賞し、テレビや舞台で大活躍した。 
東京漫才を彩った人々

杉ひろし・まり

杉ひろし・まりは戦後活躍した夫婦漫才師。長らく落語芸術協会の色物として君臨。「スイングコント」と称する音曲漫才で人気を集めた。また、幕内ではおしどり夫婦として有名で、50年近い芸歴を共に歩み合った。  
漫才師 サの部

桜川ぴん助・美代鶴

桜川ぴん助・美代鶴は戦前戦後に活躍した夫婦漫才師。ぴん助は幇間・かっぽれの名人としても知られ、多くの記事や記録を残した。落語芸術協会に所属し、寄席の漫才として人気を集めたのも有名な話である。立川談志の贔屓の漫才師でもあった。 
東京漫才を彩った人々

松鶴家千代若・千代菊

松鶴家千代若・千代菊は、戦前戦後に活躍した夫婦漫才師。「もう帰ろうよ」とボヤくほのぼのとした芸風でテレビラジオの人気者になったほか、松鶴家千とせ、東京太、ビートたけしの面倒を見た師匠分として有名である。
東京漫才を彩った人々

十返舎亀造・菊次

立川談志や色川武大が敬愛した伝説の漫才師、十返舎亀造・菊次の音源、発掘。長年無いとされてきたその肉声が今、甦る。
漫才師 タの部

玉子家利丸・松鶴家日の一

玉子家利丸・松鶴家日の一は、コンビとしての上手さや漫才師の活動というよりも、多くの談話と芸を残したということから、その名を歴史に刻む事となったという異色のコンビである。 
東京漫才を彩った人々

砂川捨勝・祇園千代子

砂川捨勝・祇園千代子は戦前戦後に活躍した漫才師。名前の通り砂川捨丸の弟子。戦後一時期歌姫として活躍した西村つた江は二人の娘である。 
タイトルとURLをコピーしました