演芸書籍類従

演芸書籍類従

相羽秋夫 『上方演芸人名鑑』(演芸書籍類従)

「上方演芸人名鑑」は『漫才入門百科』の作者である演芸評論家・相羽秋夫の事実上のデビュー作です。『名鑑』と称するように、1980年当時健在だった芸人と、それ以前に亡くなった(1964年以降ころから15年間)芸人たちをまとめた人物事典のようなものです。
演芸書籍類従

室町京之介『漫才千夜一夜』(演芸書籍類従)

『漫才千夜一夜』は、『内外タイムス』(1951年10月18日号~27日号)に掲載された演芸作家・室町京之介の連載です。掲載紙が掲載紙だけになかなか下世話な話題もあるのですが、それを差し引いても当時現役だった漫才師の経歴や逸話が掲載されていて貴重です。
演芸書籍類従

アサヒ芸能新聞『関東漫才切捨御免』(演芸書籍類従)

『関東漫才切捨御免』は演芸作家・松浦善三郎(泉三郎)が1953年10月から1954年4月まで、『アサヒ芸能新聞』(アサヒ芸能の前身)に連載していた芸評です。「切捨御免」と称したように、当時の漫才師の芸風や動向を忖度することなくズバズバ切り捨てています。
演芸書籍類従

富澤慶秀『「東京漫才列伝」』(演芸書籍類従)

『「東京漫才」列伝』は記者の富澤慶秀が、21世紀の幕開け前後に採録した東京漫才師への聞書きをまとめた「東京漫才師達のインタビュー録」というべき一冊です。『東京漫才列伝』と仰々しいタイトルですが、中身は至って明朗な芸人録となっています
演芸書籍類従

秋田実『大阪笑話史』(演芸書籍類従)

『大阪笑話史』は漫才作家の父として知られる秋田実が1963年に『大阪新聞』に連載していた「漫才の笑い」なる連載をまとめたものです。秋田実の死後に刊行された関係もあってか、巻末には秋田実の年譜・年表が紹介されており、事実上の「遺稿集」となっております。
演芸書籍類従

大空ヒット『漫才七転び八起き』(演芸書籍類従)

東京漫才の大幹部として知られた大空ヒットが最晩年にまとめた自らの一代記です。「七転び八起き」と題した様に、幼少期からはじまって芸能界入りの顛末、漫才界入りの事情、喜代駒の身内になって東京漫才界の仲間入り、戦後の夫婦漫才結成と解散――といった転々とした人生が描かれています。
演芸書籍類従

小島貞二『漫才世相史』(演芸書籍類従)

『漫才世相史』は演芸家研究家・小島貞二が「漫才の歴史はハッキリ調べて発表されたことがない。一度調べて発表しよう」という志で完成させ、一九六五年に毎日出版社から発行・発売された漫才の歴史をまとめて綴った労作です。
演芸書籍類従

相羽秋夫『漫才入門百科』(演芸書籍類従)

相羽秋夫『漫才入門百科』弘文出版(2001年発行 262頁 サイズ・A5)演芸評論家・相羽秋夫が自身の経験や調査を基にまとめた漫才の歴史書がこの『漫才入門百科』です。珍芸や雑芸の方面における漫才に触れているのも大きな特徴です。

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました